2001.2c / Pulp Literature

2001.2.22 (Thu)

井上靖『孔子』(1988)


新潮文庫 / 1995.12
ISBN 4-10-106336-2 【Amazon

孔子の死から33年後。研究会の面々が集まるなか、教団の末席に連なっていたエンキョウ老人(架空の弟子)が当時の様子を回想する。

これは『イエスの生涯』【Amazon】みたいな試みだろうか。エンキョウという架空の人物を立てて、孔子の思想を独自に解釈している。つまり、遠藤がエッセイでやったことを著者はフィクションでやったわけで、相当な内的必然性のもとで書かれたのだと思われる。

ただ、そういった作品は得てして自己満足に陥りがちだし、まして老大家ともなると制止する人がいないからやりたい放題なのだろう。肝心の解釈は個人的なまとめの域に止まっているし、小説としてはひどく冗長で退屈。孔子研究会のディスカッションなんて無駄以外の何物でもなく、これは絶対エッセイでやるべきだったと思う。

あと、エンキョウ老人の孔子大好きオーラがしんどかった。あたし孔子さまが好きなんです! 子のやることなすこと全て肯定します! みたいな自己愛丸出しのスーパーポジティブな姿勢。しかも、たくさんいる研究会の面々もみな孔子の信者だから、その場は「崇拝」という名の同調圧力ムードが支配的になっている。何かもう、彼らの集まりってある種の競い合いなんだよね。いかにして孔子さまを大きく見せるかみたいな。こういう批評性のないショーヴィニズムにはうんざりしてしまう。

2001.2.25 (Sun)

黒田晶『メイドインジャパン』(2001)

メイド イン ジャパン(108x160)

★★★
河出書房新社 / 2001.1 / 第37回文藝賞
ISBN 4-309-01393-7 【Amazon

帰国子女の少年たちはドラッグやスナッフビデオを嗜んでいた。そのうちの1人が友人を惨殺する。

著者はイギリスに留学中の23歳。男前な写真とは裏腹に実は女性らしい。

文章は横書きで、ところどころ太字で強調されている。章題は英語で、本文にもところどころ英語が混じっている。内容はまあ、初期の村上龍をスプラッタにしたような感じ。帰国子女たちの厭世的な暮らし振りを、残酷な殺人描写とパンクな語り口で彩っている。この手の小説は描写が苛烈であればあるほど、読み手にバイアスがかかってしまう(どうせ話題作りのためなんだろみたいな)のは仕方のないところだろうか。何かいかにも文藝賞っぽいし、「またか」という思いもある。

2001.2.26 (Mon)

ジム・トンプスン『内なる殺人者』(1952)

内なる殺人者(109x160)

★★★
The Killer Inside Me / Jim Thompson
村田勝彦 訳 / 河出書房新社 / 2001.2
ISBN 4-309-20347-7 【Amazon
ISBN 4-594-04962-1 【Amazon】(扶桑社)

テキサス州の保安官補ルー・フォードは、模範的な勤務態度で人望を集めるも、実は幼少時に人を殺していた。「内なる殺人者」を抱える彼は、家族の仇を討つべく、有力者の息子を罠に掛ける。

おれはそいつに少々憐れみを覚えつつ、にんまりほくそ笑んだ。まったくお笑い草だ。こいつらはいつも自分から火中に飛びこむようなまねをする。いくら振り払っても、まとわりついてくる。しかもごていねいに、自分をどうしてほしいか暗黙のうちに示す。どうしてみんなわざわざおれのところに殺されに来るんだ? どうして自殺することができんのだ? (p.183)

初期作品のせいか、『ポップ1280』に比べるといささか迫力不足の観は否めない。というかこれ、内容がかなり似通っているのだけど、何か関係があるのだろうか。田舎の保安官補が行き当たりばったりに人を殺していき、狂気の片鱗を覗かせる。気の強い婚約者に振り回されたり、唐突に救世主の名前が飛び出してきたり、まるで『ポップ1280』のプロトタイプみたいな話だった。

2001.2.27 (Tue)

大鵬幸喜『巨人、大鵬、卵焼き』(2001)

巨人、大鵬、卵焼き−私の履歴書(109x160)

★★★
日本経済新聞社 / 2001.2
ISBN 4-532-16377-3 【Amazon

第48代横綱・大鵬の自叙伝。戦争が終わって大陸から引き揚げてきた納谷少年(大鵬)は、北海道での生活を経て相撲部屋に入門する。

「私の履歴書」という日経新聞の企画もののせいか、経団連のお偉方が喜びそうな説教臭い内容だった。話の流れを断ち切るようなことまでして、今の若者や世相について苦言を呈している。

苦労人というのは得てして自分の苦労が正しいものだと認識しているから、他人が同じ目に遭わないと不満をおぼえるものである。俺は苦労しているのにあいつは苦労していない、そんな不公平なことあるか、と心の中で怨嗟の声をあげている。かくして、苦労した(と自認する)老人たちは、「若者を鍛える」と称して兵役の復活を唱えるようになるわけだ。自分たちは徴兵されないことをいいことに、他人に余計な苦労を押しつけようというのである。この理不尽な心情は、あたかも庶民がブルジョワに対して抱く憎悪のようなものであり、そうした負の平等主義に則って、彼らは世の中を変えたがっている。よく「若いときの苦労は買ってでもしろ」と言うけれど、その言葉を作ったのは売り手側の人間なのだから鵜呑みにしてはいけない。底流には、他者への歪んだ規範意識が渦巻いている。

話が脱線した。本書は自伝としては非常に興味深い内容で、産まれてから現在までの人生を誠実に語っている。著者は優勝32回(史上1位の記録)を誇る不朽の大横綱だ。従って、バイオグラフィーを適当に並べてお茶を濁すのかと思っていた。相撲の神様というセルフイメージを守るため、当たり障りのない綺麗事でぐるぐる巻きにするのかと思っていた。ところが、本書では自分のことを赤裸々に語っているのだから驚く。親方からアル中を注意されたことや、奥さんへ暴力を振るったことなど、負の言動まで正直に晒していて、著者は本気なのだなということが伝わってくる。こうなると、若者への陳腐な説教も、彼の誠実さの表れのように思えてくる。

大鵬はウエイトトレーニングを一切せず、もっぱら四股・鉄砲(*1)で筋肉を鍛えたという。だから相撲に適した柔い体を作ることができたのだ。なるほど、最近の力士に怪我が多いのは、てっきり体重の増加が原因だと思っていたけれど、実はトレーニングの質にも問題があるのかもしれない。きっと過度なウエイトトレーニングで体が固くなっているのだろう。四股・鉄砲・すり足・股割り。相撲の稽古は、原始的に見えてすこぶる理に適っているようだ。

*1: 1日のノルマは四股500回・鉄砲2000回。