2011.6c / Pulp Literature

2011.6.22 (Wed)

今石洋之『Panty & Stocking with Garterbelt』(2010)

Panty & Stocking with Garterbelt

★★★
小笠原亜里沙 / 伊瀬茉莉也 / 石井康嗣 / 中村たかし / 吉野裕行
角川映画
Blu-ray 1 【Amazon
Blu-ray 2 【Amazon
Blu-ray 3 【Amazon
Blu-ray 4 【Amazon
Blu-ray 5 【Amazon
Blu-ray 6 【Amazon

神と悪魔の狭間の街ダテンシティ。人間たちは日々恐ろしいゴーストに脅かされていた。落ちこぼれの姉妹天使パンティ(小笠原亜里沙)&ストッキング(伊瀬茉莉也)が、街に巣食うゴーストどもを退治する。

PantyPanty

カートゥーン風のポップな作画によるコメディアニメ。ビッチ&スイーツがアフロ神父の号令のもとゴースト退治で暴れまわる。本作はやたらと下ネタが多く、のっけからゲロとウンコの大盤振る舞い。絵柄から分かる通り、主に米国産サブカルチャーのパロディになっており、その質はびっくりするほど高い。30分に2話収録と展開もかなりスピーディーで、深夜アニメの本気を見ることができる。

2011.6.29 (Wed)

山田尚子『けいおん!』(2009)

けいおん!

★★★★
豊崎愛生 / 日笠陽子 / 佐藤聡美 / 寿美菜子 / 竹達彩奈 / 真田アサミ / 米澤円 / 藤東知夏 / 永田依子
ポニーキャニオン
Blu-ray 1 【Amazon
Blu-ray 2 【Amazon
Blu-ray 3 【Amazon
Blu-ray 4 【Amazon
Blu-ray 5 【Amazon
Blu-ray 6 【Amazon
Blu-ray 7 【Amazon

私立桜が丘女子高等学校。ぐうたらでドジっ子の1年生・平沢唯(豊崎愛生)が、部員が足りなくて廃部寸前の軽音部に入部する。軽音部は部員が4人、全員が1年生だった。彼女たちは放課後、部室でお茶をしながら会話に花を咲かせる。

これは素晴らしい。女子高を舞台にしたソフトな百合アニメだけど、キャラの掛け合いが愛らしく、もっとエピソードを見たいと思わせるほどだった。1クールで約2年間を描いているので、日常のミニマリズムが云々というよりは、イベントを中心にした比較的タイトな構成。異性を排除した友人関係にフォーカスし、二度と味わうことのない高校生活の楽しいひと時を活写している。こういうほんわかしたファンタジーはアニメじゃないと無理だろう。実写だとどうしたって生々しくなるから。女子高のどろどろした部分──人間関係は階層化し、陰湿ないじめが横行、話題といったらヤッたヤらないの下ネタばかり、さらに教室はお菓子と香水の入り混じった腐臭にまみれ、しばしば血の付いたタンポンが乱れ飛ぶ──がまったくないので、こちらも安心して観ることができる。

内容が内容だけに人それぞれお気に入りキャラがいると思うのだけど、個人的にはあがり症にして怖がりの澪(みお)【Amazon】、いじられ役の後輩あずにゃん【Amazon】、しっかり者の妹・憂(うい)【Amazon】が良かった(思わずねんどろいどをポチりそうになった)。逆に唯【Amazon】、律【Amazon】、ムギ【Amazon】あたりはちょっと苦手。ドジっ子の唯は知恵遅れにしか見えないし、自己中の律はハルヒに匹敵するほどのウザキャラだし、お金持ちのムギは独特の眉毛と完璧すぎる性格ゆえにまったくそそらない。しかし、こういう連中がいるからこその「けいおん!」であり、ちょっと引いた目線からフレンドシップを楽しんでいたりもする。キャラの関係性に秀でた非常に好ましいコンテンツだった。

>>『けいおん!!』

2011.6.30 (Thu)

山田尚子『けいおん!!』(2010)

けいおん!!

★★★★★
豊崎愛生 / 日笠陽子 / 佐藤聡美 / 寿美菜子 / 竹達彩奈 / 真田アサミ / 米澤円 / 藤東知夏 / 永田依子
ポニーキャニオン
Blu-ray 1 【Amazon
Blu-ray 2 【Amazon
Blu-ray 3 【Amazon
Blu-ray 4 【Amazon
Blu-ray 5 【Amazon
Blu-ray 6 【Amazon
Blu-ray 7 【Amazon
Blu-ray 8 【Amazon
Blu-ray 9 【Amazon

私立桜が丘女子高等学校。3年生になった唯(豊崎愛生)たち軽音部は、放課後、部室でお茶をしながら会話に花を咲かせる。楽しい日々を過ごす彼女たちだったが、後輩であるあずにゃん(竹達彩奈)との別れは着実に迫っていく。

『けいおん!』の続編。これまた期待以上の傑作だった。1クールで2年を描いた前作に対し、今回は2クールで1年とボリュームアップ、エピソードが増えたぶん各キャラにスポットを当ててその魅力を掘り下げている。唯たちが他のクラスメイト(モブキャラ)とそれなりに会話をしていたり、軽音部唯一の後輩あずにゃんにも同級生の友達がいたり、周縁部分もしっかりしているところが特徴だろう。卒業という別れの予感が通奏低音になりながらも、高校生活の楽しいひと時はとりあえず続いていく。軽音部のゆるやかな日常はますます快調で、あの律【Amazon】やムギちゃん【Amazon】ですら愛おしく感じられるようになっているのだから素晴らしい。グッズがバカ売れするのも分かるような気がする。

それしても、このシリーズは背景のディテールが半端じゃないな。学校のみならず、修学旅行で訪れた京都の街並みや、ちょっと立ち寄ったディスカウントストアなど、使い回しの効かない1回限りの場所を相当なクオリティでもって描いている。その手工芸的な美しさはジブリアニメに匹敵するかも。週一アニメとは思えないほどの凝りようだった。

あと音楽も良い。前作も含めてオープニング曲とエンディング曲がすこぶるキャッチーで、特に「Don't Say "Lazy"」【Amazon】、「Listen!!」【Amazon】、「GO!GO! MANIAC」【Amazon】あたりはヘビーローテーションで聴いている。劇中曲もキャラの個性が表れていてグッド。どちらかというと、唯【Amazon】よりも澪(みお)【Amazon】のほうがヴォーカルに向いていると思うのだけど(「ふわふわ時間」【Amazon】は澪Ver.が至高)、これは贔屓の引き倒しってやつか。ともあれ、CDがバカ売れするのも分かるような気がする。

けいおん!!けいおん!!
けいおん!!Pけいおん!!

あずにゃん【Amazon】が可愛すぎて生きるのがつらい。