村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』ほか / Pulp Literature

経歴

* 日本

1949〜。京都府伏見区生まれ、兵庫県芦屋市育ち。早稲田大学文学部演劇科を卒業後、ジャズ喫茶を経営する。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人賞、82年、『羊をめぐる冒険』で野間文芸新人賞、85年、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で谷崎潤一郎賞を受賞する。

作品リスト

タイトルにリンクのついている作品は、クリックするとレビューのページに移動します。

フィクション

『風の歌を聴け』(1979)
大学生の「僕」が海辺の町に帰省している1970年8月の出来事が中心。友人の「鼠」とバーでビールを飲みつつ、介抱した左手4本指の女の子と仲良くなる。★★★★。
『1973年のピンボール』(1980)
『風の歌を聴け』の続編。ある日、目が覚めたら「僕」の両脇に双子の女の子が寝ていた。翻訳の仕事をしている「僕」は、彼女たちと奇妙な同棲生活を始める。その後は思い出のピンボール台を探すことに。★★★。
『羊をめぐる冒険』(1982)
『1973年のピンボール』の続編。「鼠」から送られてきた北海道の写真をめぐってトラブルが発生。何か裏がありそうということで、「僕」は羊を探しに現地へ向かう。野間文芸新人賞。★★★★★。
『羊男のクリスマス』(1985) (佐々木マキとの共著)【Amazon
羊男のところへクリスマスのための音楽を作曲してほしいと依頼がくる。羊男はピアノを使って作曲しようとするも、家主の反対にあって作曲ができない。羊博士によると、作曲ができないのは彼にかけられた呪いのせいだという。羊男は呪いを解くべく冒険する。★★★。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985)
(1) 計算士の「私」が、博士の依頼を受けたことで陰謀に巻き込まれる(「ハードボイルド・ワンダーランド」)。 (2) 外の世界からやってきた「僕」が、壁に囲まれた街で閉じた生活を送る(「世界の終り」)。★★★★。
『パン屋再襲撃』(1986)
短編集。「パン屋再襲撃」、「象の消滅」、「ファミリー・アフェア」、「双子と沈んだ大陸」、「ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」、「ねじまき鳥と火曜日の女たち」の6編。★★★。
『ダンス・ダンス・ダンス』(1988) 【Amazon
『羊をめぐる冒険』の続編。4年ぶりに札幌のドルフィン・ホテルに行くと、そこは以前と打って変わって超高層ホテルになっていた。ホテル内の異界で羊男と再会した「僕」は、探している女の子の手がかりを得て東京に戻る。その後、殺人事件に巻き込まれるのだった。★★★★。
『ねじまき鳥クロニクル』(1994,95)
「僕」と妻の静かな生活が、猫の失踪を機に一変する。超能力者の姉妹と出会ったり、ノモンハンでの凄惨な体験を聞かされたり、義兄である綿谷ノボルの悪徳を知ったり。★★★★。
『レキシントンの幽霊』(1996)
短編集。「レキシントンの幽霊」、「緑色の獣」、「沈黙」、「氷男」、「トニー滝谷」、「七番目の男」、「めくらやなぎと、眠る女」の7編。★★★★。
『スプートニクの恋人』(1999) 【Amazon
22歳の作家志望すみれが、17歳年上の女性ミュウに一目惚れする。すみれはミュウが経営する会社で働くようになり、2人でギリシャ旅行へ行くも、そこですみれは行方不明になってしまう。すみれの友人である「ぼく」は、ミュウに助けを求められてギリシャへ飛ぶ。★★★。
『神の子どもたちはみな踊る』(2000)
短編集。「UFOが釧路に降りる」、「アイロンのある風景」、「神の子どもたちはみな踊る」、「タイランド」、「かえるくん、東京を救う」、「蜂蜜パイ」の6編。★★★。
『海辺のカフカ』(2002)
(1) 15歳の少年・田村カフカが、家出して四国の図書館に寄宿、超常的な事件に巻き込まれる。(2) 特殊能力を持つ老人・ナカタさんが、ジョニー・ウォーカーなるキャットキラーと対決する。その後は何かに導かれるように四国へ。フランツ・カフカ賞。★★★。
『アフターダーク』(2004)
夜明け前の都市部を三人称のカメラが映していく。ファミレスで本を読む女、男に殴られる中国人娼婦、「あちら側」に吸い込まれるモデルなど。★★。
『東京奇譚集』(2005)
短編集。「偶然の旅人」、「ハナレイ・ベイ」、「どこであれそれが見つかりそうな場所で」、「日々移動する腎臓のかたちをした石」、「品川猿」の5編。★★★★。
『1Q84』(2009-10) 【Amazon
1984年。(1) 一仕事を終えた殺し屋の女性・青豆が、ふと自分の周りの世界が微妙に変わっていることに気づく。彼女は別の世界線「1Q84年」に来たようだった。(2) 小説家志望の男性・天吾が、ひょんなことから「ふかえり」という女子高生と関わる。彼女には謎めいた過去があった。青豆と天吾は、それぞれ「リトル・ピープル」を巡るトラブルに巻き込まれていく。★★★。
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(2013) 【Amazon
色彩を持たない多崎つくるは、高校時代に4人の友達と「乱れなく調和する共同体」を作っていたが、大学2年生の夏休みに彼らから絶交されてしまう。その後、中年になった多崎は、恋人の勧めで彼らに会いに行く。★★★。

ノンフィクション

『ウォーク・ドント・ラン』(1981) (村上龍との共著)
W村上による対談集。若手作家の2人が、文章やらジャズやらセックスやらについて話をする。対談の時期は1980年7月と11月。★★★。
『村上朝日堂』(1984) (安西水丸との共著)
「日刊アルバイトニュース」での連載をまとめたエッセイ集。各トピックの分量は2ページで、それぞれに安西水丸の挿絵がついている。★★★。
『村上朝日堂の逆襲』(1986) (安西水丸との共著)
「週刊朝日」での連載をまとめたエッセイ集。各トピックの分量は5ページで、それぞれに安西水丸の挿絵がついている。★★★。
『遠い太鼓』(1990) 【Amazon
ギリシャとイタリアを中心としたヨーロッパ旅行記。滞在期間は1986年から89年までで、著者はこの期間に『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を上梓している。★★★。
『やがて哀しき外国語』(1994)【Amazon
プリンストンでの生活を題材にしたエッセイ集。「梅干し弁当持ち込み禁止」、「大学村スノビズムの興亡」、「アメリカ版・団塊の世代」、「アメリカで走ること、日本で走ること」、「スティーヴン・キングと郊外の悪夢」、「誰がジャズを殺したか」、「バークレーからの帰り道」、「黄金分割とトヨタ・カローラ」、「元気な女の人たちについての考察」、「やがて哀しき外国語」、「運動靴をはいて床屋に行こう」、「『カーヴァー・カントリー』を描くロバート・アルトマンの迷宮映画」、「ロールキャベツを遠く離れて」、「ブルックス・ブラザーズからパワーブックまで」、「ヒエラルキーの風景」、「さらばプリンストン」の全16編。★★★。
『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(1996) (河合隼雄との共著)
村上春樹と河合隼雄による対談。精神分析的な観点から、物語や日本社会について語っている。対談の時期は1995年11月。★★★★。
『アンダーグラウンド』(1997)
地下鉄サリン事件を題材にしたノンフィクション。著者が被害者62人にインタビューし、それぞれの個人的背景を跡づける。時期は1996年1月から12月まで。★★★★。
『約束された場所で』(1998)
『アンダーグラウンド』の続編。オウム真理教の信者と元信者、合わせて8人にインタビューしている。さらに、河合隼雄との対談も収録。★★★。
『「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』(2006)
村上朝日堂に期間限定で公開されたテキストの書籍化。全裸主婦の話題から人生相談まで、読者からの質問に村上春樹が答えている。★★★★。
『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011』(2012) 【Amazon
村上春樹インタビュー集。1997年から2011年までの国内外のインタビューを収録している。全19本。★★★★。
  • 『ノルウェイの森 上』【Amazon
  • 『ノルウェイの森 下』【Amazon
  • 『回転木馬のデッド・ヒート』【Amazon
  • 『国境の南、太陽の西』【Amazon
  • 『意味がなければスイングはない』【Amazon
  • 『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』【Amazon
  • 『うずまき猫のみつけかた』【Amazon
  • 『雨天炎天』【Amazon
  • 『辺境・近境』【Amazon
  • 『ふしぎな図書館』【Amazon
  • 『村上ソングズ』【Amazon
  • 『走ることについて語るときに僕の語ること』【Amazon
  • 『村上かるた うさぎおいしーフランス人』【Amazon
  • 『村上朝日堂はいほー!』【Amazon
  • 『村上朝日堂 夢のサーフシティー』【Amazon
  • 『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』【Amazon
  • 『「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』【Amazon
  • 『「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』【Amazon
  • 『少年カフカ』【Amazon
  • 『若い読者のための短編小説案内』【Amazon
  • 『シドニー! (ワラビー熱血篇) 』【Amazon
  • 『シドニー! (コアラ純情篇) 』【Amazon
  • 『ポートレイト・イン・ジャズ』【Amazon
  • 『ポートレイト・イン・ジャズ〈2〉』【Amazon
  • 『翻訳夜話』【Amazon
  • 『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』【Amazon
  • 『村上ラヂオ』【Amazon
  • 『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』【Amazon
  • 『ふわふわ』【Amazon
  • 『100%の女の子・パン屋襲撃』【Amazon
  • 『またたび浴びたタマ』【Amazon
  • 『象工場のハッピーエンド』【Amazon
  • 『使いみちのない風景』【Amazon
  • 『夜のくもざる』【Amazon
  • 『中国行きのスロウ・ボート』【Amazon
  • 『TVピープル』【Amazon
  • 『ランゲルハンス島の午後』【Amazon
  • 『日出る国の工場』【Amazon
  • 『螢・納屋を焼く・その他の短編』【Amazon
  • 『カンガルー日和』【Amazon
  • 『夢で会いましょう』【Amazon
  • 『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』【Amazon
  • 『‘THE SCRAP’―懐かしの1980年代』【Amazon
  • 『村上春樹全作品 1979〜1989 全8巻セット』【Amazon
  • 『村上春樹全作品 1990〜2000 全7巻セット』【Amazon

翻訳