つげ義春 『ねじ式/夜が掴む』ほか / Pulp Literature

経歴

* 日本

1937〜。東京葛飾区生まれ。貸本マンガで活躍したのち、活動の場を『ガロ』に移す。

作品リスト

タイトルにリンクのついている作品は、クリックするとレビューのページに移動します。

『ねじ式/夜が掴む』 (つげ義春コレクション 1)
短編集。「ねじ式」、「ゲンセンカン主人」、「夢の散歩」、「アルバイト」、「雨の中の欲情」、「夜が掴む」、「コマツ岬の生活」、「外のふくらみ」、「必殺するめ固め」、「ヨシボーの犯罪」、「窓の手」、「夏の思いで」、「懐かしいひと」、「事件」、「退屈な部屋」、「日の戯れ」の16編。★★★。
『大場電気鍍金工業所/やもり』 (つげ義春コレクション 2)
短編集。「大場電気鍍金工業所」、「少年」、「海へ」、「やもり」、「下宿の頃」、「義男の青春」、「池袋百点会」、「隣りの女」、「別離」の9編。★★★★。
『李さん一家/海辺の叙景』 (つげ義春コレクション 3)
短編集。「古本と少女」、「不思議な手紙」、「手錠」、「蟻地獄」、「女忍」、「噂の武士」、「西瓜酒」、「運命」、「不思議な絵」、「沼」、「チーコ」、「初茸がり」、「通夜」、「山椒魚」、「李さん一家」、「蟹」、「峠の犬」、「海辺の叙景」の18編。★★★。
『近所の景色/無能の人』 (つげ義春コレクション 4)
短編集。「魚石」、「近所の景色」、「散歩の日々」、「ある無名作家」、「石を売る」、「無能の人」、「鳥師」、「探石行」、「カメラを売る」、「蒸発」の10編。★★★。
『紅い花/やなぎ屋主人』 (つげ義春コレクション 5)
短編集。「紅い花」、「西部田村事件」、「長八の宿」、「二岐渓谷」、「オンドル小屋」、「ほんやら洞のべんさん」、「もっきり屋の少女」、「やなぎ屋主人」、「リアリズムの宿」、「枯野の宿」、「庶民御宿」、「会津の釣り宿」の12編。★★★。
『苦節十年記/旅籠の思い出』【Amazon】 (つげ義春コレクション 6)
『四つの犯罪/七つの墓場』 (つげ義春コレクション 7)
短編集。「四つの犯罪」、「生きていた幽霊」、「罪と罰」、「奇人」、「七つの墓場」、「おばけ煙突」、「ある一夜」、「うぐいすの鳴く夜」、「クロ」、「鉄路」、「四人の素人」の11編。★★★。
『腹話術師/ねずみ』 (つげ義春コレクション 8)
短編集。「腹話術師」、「老人の背中」、「親分」、「一発」、「なぜ殺らなかった」、「見知らぬ人々」、「目には目を……」、「下町の唄」、「兄貴は芸術家」、「ねずみ」、「右舷の窓」、「行ったり来たり」の12編。★★★。
『鬼面石/一刀両断』 (つげ義春コレクション 9)
短編集。「盲刀」、「鬼面石」、「落武者」、「忍びの城」、「一刀両断」の5編。★★★★。