世界探偵小説全集 / Pulp Literature

Last Updated: 2010.12.12 (San)

リスト

タイトルにリンクのついている作品は、クリックするとレビューのページに移動します。

A・E・W・メイスン『薔薇荘にて』【Amazon
アントニイ・バークリー『第二の銃声』【Amazon
フィリップ・マクドナルド『Xに対する逮捕状』【Amazon
マックス・アフォード『魔法人形』【Amazon
カーター・ディクスン『一角獣殺人事件』【Amazon
エドマンド・クリスピン『愛は血を流して横たわる』【Amazon
シリル・ヘアー『英国風の殺人』【Amazon
ジョン・ロード『見えない凶器』【Amazon
レオ・ブルース『ロープとリングの事件』【Amazon
クレイトン・ロースン『天井の足跡』【Amazon
クレイグ・ライス『眠りをむさぼりすぎた男』【Amazon
ジョン・ディクスン・カー『死が二人をわかつまで』【Amazon
アントニイ・バークリー『地下室の殺人』(1932)
貸家の地下室から女性の全裸死体が発見された。モーズビー主席警部が身許を洗い、事件にある学校が関わっていることが判明する。その学校は、ロジャー・シェリンガムと繋がりがあった。★★★★。
ヘンリー・ウエイド『推定相続人』【Amazon
キャメロン・マケイブ『編集室の床に落ちた顔』【Amazon
T・S・ストリブリング『カリブ諸島の手がかり』【Amazon
マイクル・イネス『ハムレット復讐せよ』【Amazon
ナイオ・マーシュ『ランプリイ家の殺人』【Amazon
E・C・R・ロラック『ジョン・ブラウンの死体』【Amazon
ルーパート・ペニー『甘い毒』【Amazon
アントニイ・ギルバート『薪小屋の秘密』【Amazon
C・デイリー・キング『空のオベリスト』【Amazon
クライド・B・クレイスン『チベットから来た男』【Amazon
ダーウィン・L・ティーレット『おしゃべり雀の殺人』【Amazon
ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ『赤い右手』【Amazon
デレック・スミス『悪魔を呼び起こせ』【Amazon
カーター・ディクスン『九人と死で十人だ』【Amazon
ロナルド・A・ノックス『サイロの死体』【Amazon
グラディス・ミッチェル『ソルトマーシュの殺人』【Amazon
エドマンド・クリスピン『白鳥の歌』【Amazon
ミルワード・ケネディ『救いの死』【Amazon
アントニイ・バークリー『ジャンピング・ジェニイ』(1933)
屋敷で開かれた仮装パーティで、性悪女の横暴は臨界点に達しようとしていた。パーティもお開きになろうというそのとき、屋上で彼女の首吊り死体が発見される。現場には他殺を示す痕跡があった。名探偵ロジャー・シェリンガムが事件の隠蔽に奔走する。★★★★。
シリル・ヘアー『自殺じゃない!』【Amazon
C・W・グラフトン『真実の問題』【Amazon
ヘンリー・ウエイド『警察官よ汝を守れ』【Amazon
スタンリー・ハイランド『国会議事堂の死体』【Amazon
アントニイ・バークリー『レイトン・コートの謎』(1925)
レイトン・コートの主人が額を銃で撃ち抜かれて死亡した。現場の状況から警察は自殺と見ていたが、作家のロジャー・シェリンガムは他殺を疑う。彼は親友のアレックをワトスン役に指名し、事件の捜査に乗り出す。★★★★。
ヘンリー・ウエイド『塩沢地の霧』【Amazon
マイクル・イネス『ストップ・プレス』【Amazon
エドマンド・クリスピン『大聖堂は大騒ぎ』【Amazon
マージェリー・アリンガム『屍衣の流行』【Amazon
ナイオ・マーシュ『道化の死』【Amazon
ハリントン・へクスト『テンプラー家の惨劇』【Amazon
ノーマン・ベロウ『魔王の足跡』【Amazon
ヘレン・マクロイ『割れたひづめ』【Amazon