新潮クレスト・ブックス / Pulp Literature

Last Updated: 2017.8.29 (Tue)

リスト

タイトルにリンクのついている作品は、クリックするとレビューのページに移動します。

トーン・テレヘン『おじいさんに聞いた話』【Amazon
テジュ・コール『オープン・シティ』【Amazon
ベルンハルト・シュリンク『階段を下りる女』【Amazon
クセニヤ・メルニク『五月の雪』【Amazon
ジュリアン・バーンズ『人生の段階』(2013)
(1) 19世紀。軍人フレッド・バーナビーと女優サラ・ベルナールは気球で空を飛んだ。(2) フレッド・バーナビーがサラ・ベルナールに結婚を申し込む。(3) 作家の「私」ことジュリアンは妻を亡くして自殺を考えていた。★★★。
カルミネ・アバーテ『ふたつの海のあいだで』【Amazon
ベン・ファウンテン『ビリー・リンの永遠の一日』(2012)
イラク戦争。19歳のビリー含む8人のブラボー分隊の兵士たちは、英雄としてテキサスのスタジアムに駆り出されていた。彼らはフットボールの試合で、芸能人たちと戦意高揚の見世物になっている。兵士たちはこれが終わったら中東に帰任することになっていた。★★★★。
アリス・フェルネ『本を読むひと』【Amazon
ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』【Amazon
アリス・マンロー『ジュリエット』【Amazon
トンミ・キンヌネン『四人の交差点』【Amazon
アンソニー・ドーア『すべての見えない光』(2014)
(1) ナチス時代のドイツ。孤児の少年ヴェルナーが、才能を認められて国家政治教育学校に入学する。そこでは士官候補生たちが異様な生活を送っていた。(2) 同じ時代のフランス。盲目の少女マリー=ロールが、父に連れられてサン・マロへ疎開する。博物館員の父は、伝説のダイヤモンド<炎の海>の守秘にあたっていた。★★★。
ペーター・シュタム『誰もいないホテルで』【Amazon
アレクサンダー・マクラウド『煉瓦を運ぶ』【Amazon
エトガル・ケレット『あの素晴らしき七年』【Amazon
ジュリー・オオツカ『屋根裏の仏さま』【Amazon
リュドミラ・ウリツカヤ『陽気なお葬式』【Amazon
ダニエル アラルコン『夜、僕らは輪になって歩く』【Amazon
イアン・マキューアン『未成年』(2014)
裁判官のフィオーナは59歳。彼女は夫から若い女と浮気したいと持ちかけられる。それを拒むフィオーナのもとに、病院からある緊急申請が舞い込んできた。それはエホバの証人を信奉する少年が輸血を拒否しているため、その意志を曲げて輸血する審判をしてほしいという。少年は白血病で、早く輸血しないと死んでしまう。★★★。
セサル・アイラ『文学会議』【Amazon
ジュンパ・ラヒリ『べつの言葉で』【Amazon
ミランダ・ジュライ『あなたを選んでくれるもの』【Amazon
リュドミラ・ウリツカヤ『子供時代』【Amazon
ハンス=ヨアヒム・シェートリヒ『ヴォルテール、ただいま参上!』【Amazon
エトガル・ケレット『突然ノックの音が』【Amazon
カルミネ・アバーテ『風の丘』【Amazon
アリス・マンロー『善き女の愛』【Amazon
コルム・トビーン『マリアが語り遺したこと』【Amazon
エリック・フォトリノ『光の子供』【Amazon
イアン・マキューアン『甘美なる作戦』【Amazon
セス・フリード『大いなる不満』【Amazon
ブライアン・エヴンソン『遁走状態』【Amazon
トム・マッカーシー『もう一度』【Amazon
アリス・マンロー『ディア・ライフ』【Amazon
ジョン・バンヴィル『いにしえの光』【Amazon
ジュノ・ディアス『こうしてお前は彼女にフラれる』【Amazon
『美しい子ども』【Amazon
ペティナ・ガッパ『イースタリーのエレジー』【Amazon
リュドミラ・ウリツカヤ『女が嘘をつくとき』【Amazon
ディミトリ・フェルフルスト『残念な日々』【Amazon
ダニエル・アラルコン『ロスト・シティ・レディオ』【Amazon
アンソニー・ドーア『メモリー・ウォール』【Amazon
イアン・マキューアン『ソーラー』(2010)
ノーベル賞を受賞した科学者マイケル・ビアードは、これまで4回離婚し、現在の妻と結婚してからは11回浮気していた。その彼が様々なトラブルに見舞われつつ、同僚が残した新しい太陽光発電のアイディアを盗んで事業を立ち上げる。★★★。
ベルンハルト・シュリンク『週末』【Amazon
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(2007)
アメリカ在住のドミニカ人オスカー・ワオは、SF・アニメ・TRPGなどに耽溺するナードだった。肥満体の彼は女にモテず、童貞のまま青春を過ごすことになる。童貞をこじらせ狂気を募らせていくオスカー。彼の一族にはトルヒーリョにまつわる凄惨な歴史があり、オスカー自身も過酷な運命に向かっていく。★★★★★。
アリス・マンロー『小説のように』(2009)【Amazon
短編集。「次元」、「小説のように」、「ウェンロック・エッジ」、「深い穴」、「遊離基」、「顔」、「女たち」、「子供の遊び」、「木」、「あまりに幸せ」の10編。
ジョン・バンヴィル『無限』(2009)【Amazon
脳卒中で重体のアダムは、かつて名声を博した老数学者。彼はアイルランドの自宅で家族に見守られている。現場にはギリシア神話の神たちも立ち会っていた。無限の時を生き、愛に焦がれる彼らは、いたずら好きの心性を発揮して密かに介入する。★★★★。
ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』(2007)【Amazon
短編集。「共同パティオ」、「水泳チーム」、「マジェスティ」、「階段の男」、「妹」、「その人」、「ロマンスだった」、「何も必要としない何か」、「わたしはドアにキスをする」、「ラム・キエンの男の子」、「2003年のメイク・ラブ」、「十の本当のこと」、「動き」、「モン・プレジール」、「あざ」、「子供にお話を聞かせる方法」の16編。★★★★。
ジークフリート・レンツ『黙祷の時間』【Amazon
ウェルズ・タワー『奪い尽くされ、焼き尽くされ』(2009)
短編集。「茶色い海岸」、「保養地」、「大事な能力を発揮する人々」、「下り坂」、「ヒョウ」、「目に映るドア」、「野生のアメリカ」、「遊園地営業中」、「奪い尽くされ、焼き尽くされ」の9編。★★★★。
タチアナ・ド・ロネ『サラの鍵』【Amazon
クレメンス・マイヤー『夜と灯りと』(2008)【Amazon
短編集。「小さな死」、「南米を待つ」、「銃と街灯とメアリー・モンロー」、「デブは恋してる」、「犬と馬のこと」、「夜と灯りと」、「おれたちは旅する」、「ヨハネス・フェッターマンの短くも幸福な生涯」、「川への旅」、「通路にて」、「君の髪はきれいだ」、「老人が動物たちを葬る」の12編。
マーカス・デュ・ソートイ『シンメトリーの地図帳』【Amazon
ナム・リー『ボート』(2008)
短編集。「愛と名誉と憐れみと誇りと同情と犠牲」、「カルタヘナ」、「エリーゼに会う」、「ハーフリード湾」、「ヒロシマ」、「テヘラン・コーリング」、「ボート」の7編。★★★。
イアン・マキューアン『初夜』(2007)
1962年。結婚式を挙げたエドワードとフローレンスが、そのままハネムーンに出る。滞在先のホテルで初夜を迎えるが……。★★★★。
リュドミラ・ウリツカヤ『通訳ダニエル・シュタイン』【Amazon
エイミー・ブルーム『リリアン』(2007)
1924年。美しいユダヤ人女のリリアンは、ロシアから単身アメリカへ亡命し、劇場を経営する親子の愛人になった。しばらくは恵まれた生活を送るも、あるとき、知人から意外な話を聞かされる。死んだと思っていた娘がロシアで生きているというのだ。リリアンは娘に会うべく旅に出る。★★★。
ピーター・キャメロン『最終目的地』(2002)
交通の便もままならないウルグアイの村落では、作家の遺族たちが平穏な生活を送っていた。そこへアメリカから一通の手紙が届く。差出人はオマーという名の大学院生で、作家の伝記を書きたいから公認が欲しいという。遺族たちは断りの返事を出すも、しばらくして手紙の主がやってくる。★★★★。
ジョージーナ・ハーディング『極北で』【Amazon
マイケル・オンダーチェ『ディビザデロ通り』(2007)
カリフォルニアに住む姉妹と少年は、不幸によって結ばれた血の繋がらない家族だった。そんな彼らが禁断の愛によってバラバラになる。間もなくして、物語はジプシーと小説家の過去を探り……。★★★。
ベルンハルト・シュリンク『帰郷者』【Amazon
ナンシー・ヒューストン『時のかさなり』【Amazon
『記憶に残っていること』【Amazon
ケイト・アトキンソン『博物館の裏庭で』(1995)
1952年に生まれたルビー・レノックスが、己の人生と共に、母・祖母・曾祖母、女三代の歴史を物語る。戦争を経験した彼女たちは、それぞれ悲しみを抱えながら生きていた。★★★。
ジュンパ・ラヒリ『見知らぬ場所』【Amazon
テス・ギャラガー『ふくろう女の美容室』(1997)
日本オリジナル編集の短編集。「ふくろう女の美容室」、「むかし、そんな奴がいた」、「生きものたち」、「石の箱」、「来る者と去る者」、「マイガン」、「ウッドリフさんのネクタイ」、「キャンプファイヤーに降る雨」、「仏のまなざし」、「祈る女」、「聖なる場所」、「父の恋文」の12編。★★★。
レオニード・ツィプキン『バーデン・バーデンの夏』(1982,2001)
冬のロシアを汽車で旅する語り手は、ドストエフスキーの妻アンナの日記を携えている。そこには夏のバーデン・バーデンを舞台にした、新婚旅行の様子が書かれていた。★★★。
ウィリアム・トレヴァー『密会』(2004)
短編集。「死者とともに」、「伝統」、「ジャスティーナの神父」、「夜の外出」、「グレイリスの遺産」、「孤独」、「聖像」、「ローズは泣いた」、「大金の夢」、「路上で」、「ダンス教師の音楽」、「密会」の12編。★★★★。
ジム・フジーリ『ペット・サウンズ』(2005)
ロックの名盤をテーマにしたノンフィクション。ビーチ・ボイーズのリーダー、ブライアン・ウィルソンの悲哀を、彼が生んだアルバム『ペット・サウンズ』と重ねて物語る。★★★。
イアン・マキューアン『土曜日』(2005)
反戦デモが活発化した2003年の土曜日。脳神経外科医のヘンリーが、未明に炎上中の飛行機を目撃する。その後はスカッシュを楽しんだり、娘と討論したり、認知症の母を見舞ったりするも、ふとしたことから日常を揺るがすある出来事に遭遇する。★★★★。
アミタヴ・ゴーシュ『ガラスの宮殿』【Amazon
ジョン・バンヴィル『海に帰る日』(2005)
老境の語り手が、少年時代の思い出の家で回想する。今から半世紀ほど前、双子の姉弟と知り合った語り手は、彼ら一家と夏の日々を過ごしていた。その記憶が、亡き妻と過ごした最近の記憶と交錯しながら語られる。★★★★。
イーユン・リー『千年の祈り』(2005)
短編集。「あまりもの」、「黄昏」、「不滅」、「ネブラスカの姫君」、「市場の約束」、「息子」、「縁組」、「死を正しく語るには」、「柿たち」、「千年の祈り」の10編。★★★★。
アリス・マンロー『林檎の木の下で』(2006)【Amazon
短編集。「良いことは何もない」、「キャッスル・ロックからの眺め」、「イリノイ」、「モリス郡区の原野」、「生活のために働く」、「父親たち」、「林檎の木の下で」、「雇われさん」、「チケット」、「家」、「なんのために知りたいのか?」、「メッセンジャー」の12編。★★★★。
デイヴィッド・ミッチェル『ナンバー9ドリーム』(2001)
孤児の少年・三宅詠爾が、父親を捜すべく屋久島から上京する。大都会のなかで足踏みする彼だったが、ひょんなことからヤクザ絡みのトラブルに巻き込まれる。★★★★。
ルル・ワン『睡蓮の教室』【Amazon
アンドレイ・クルコフ『大統領の最後の恋』(2005)
1人の男の人生の断面が平行して語られる。(1) 1980年代。将来の道が定まらない語り手が、結婚に失敗しつつ不良青年らしい生活を送る。(2) 2004年。経済副大臣の語り手が、精神病の弟の介護を通じて女と知り合う。(3) 2014年。ウクライナの大統領として諸事難題に当たる語り手の前に、移植された心臓の持ち主が現れる。★★★★。
ヤスミン・クラウザー『サフラン・キッチン』(2006)
保守的な家庭に生まれながらも、自由を求めて故郷を飛び出したイラン人の女。イギリス人と結婚して娘をもうけた彼女だったが、過去への思いは断ちがたく、家族を捨てて40年ぶりに帰郷する。★★。
チャンネ・リー『空高く』(2004)
事業を息子に託して隠遁生活を送る還暦間近の男。彼の家庭が危機的状況に陥る。娘が妊娠したうえ癌に冒されたり、息子の会社が倒産寸前になったり。★★★。
アリス・マンロー『イラクサ』(2001)
短編集。「恋占い」、「浮橋」、「家に伝わる家具」、「なぐさめ」、「イラクサ」、「ポスト・アンド・ビーム」、「記憶に残っていること」、「クィーニー」、「クマが山を越えてきた」の9編。★★★★。
ミカエル・ニエミ『世界の果てのビートルズ』(2000)
舞台は60年代のスウェーデン北部。フィンランドとの国境付近にあるパヤラ村で、2人の少年が運命的な出会いを果たす。ビートルズのレコードに衝撃を受けた彼らは、音楽に目覚めてバンド活動を始める。★★★。
フィリップ・グランベール『ある秘密』【Amazon
グレアム・スウィフト『最後の注文』(1996)
1990年のロンドン。病死した肉屋の主人は、生前自分の遺灰を海に撒いてほしいと頼んでいた。友人3人と息子1人の計4人が、遺言を遂行するため車で海に向かう。★★★。
フランシス・イタニ『遠い音』【Amazon
マーカス・デュ・ソートイ『素数の音楽』【Amazon
ジャン=ジャック・シュル『黄金の声の少女』【Amazon
デイヴィッド・ベズモーズギス『ナターシャ』【Amazon
アリステア・マクラウド『彼方なる歌に耳を澄ませよ』【Amazon
ジークフリート・レンツ『遺失物管理所』【Amazon
ジョン・マグレガー『奇跡も語る者がいなければ』(2002)【Amazon
2つの物語が交互に語られる。(1) 1997年8月31日のとある住宅街の肖像。夕方に起こった「事件」に向けて、住人たちの様子が描かれる。(2) 3年後。その住宅街に住んでいた「わたし」が妊娠する。★★★。
アニータ・シュリーヴ『いつか、どこかで』【Amazon
アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』【Amazon
ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』【Amazon
アダム・ヘイズリット『あなたはひとりぼっちじゃない』【Amazon
ゼイディー・スミス『直筆商の哀しみ』【Amazon
アリステア・マクラウド『冬の犬』(2000)【Amazon
短編集。「すべてのものに季節がある」、「二度目の春」、「冬の犬」、「完璧なる調和」、「島が太陽を運んでくるように」、「幻影」、「島」、「クリアランス」の8編。★★★★★。
フランク・マコート『アンジェラの祈り』【Amazon
アンソニー・ドーア『シェル・コレクター』【Amazon
ジークフリート・レンツ『アルネの遺品』【Amazon
リュドミラ・ウリツカヤ『ソーネチカ』【Amazon
アリステア・マクラウド『灰色の輝ける贈り物』(2000)【Amazon
短編集。「船」、「広大な闇」、「灰色の輝ける贈り物」、「帰郷」、「秋に」、「失われた血の塩の贈り物」、「ランキンズ岬への道」、「夏の終わり」の8編。★★★★。
カミーユ・ロランス『その腕のなかで』【Amazon
レナーテ・ドレスタイン『石のハート』【Amazon
グレアム・スウィフト『ウォーターランド』【Amazon
チャンネ・リー『最後の場所で』【Amazon
ベルンハルト・シュリンク『逃げてゆく愛』【Amazon
T・E・カーハート『パリ左岸のピアノ工房』【Amazon
アニータ・シュリーヴ『パイロットの妻』【Amazon】 (→文庫【Amazon】)
ゼイディー・スミス『ホワイト・ティース』(2000)
多文化、多人種が入り乱れる20世紀のロンドン。イギリス人のアーチーと移民のサマードは、第二次大戦以来の親友だった。2人の友情を軸に、子供たちの代の騒動をユーモラスに描いていく。★★。
ジョン・ランチェスター『最後の晩餐の作り方』【Amazon】 (→文庫【Amazon】)
イアン・マキューアン『愛の続き』(1997)
科学ライターの夫と文学者の妻。夫に忍び寄る男性ストーカーの影。妻はストーカーの存在を信じず、夫の正気を疑う。★★★★。
ナンシー・ヒューストン『天使の記憶』【Amazon
ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』【Amazon】 (→文庫【Amazon】)
ベルンハルト・シュリンク『朗読者』(1996)
15歳の少年ミヒャエルが、36歳の女性ハンナと恋に落ちる。2人は肉体関係を結ぶようになるも、突然ハンナが失踪してしまう。ハンナには秘密があった。★★。
チャールズ・フレイジャー『コールドマウンテン』【Amazon】 (→文庫 上【Amazon】 下【Amazon】)
スーザン・アレントウス『ブルーミング』【Amazon
バリー・ハナ『地獄のコウモリ軍団』【Amazon
キラン・デサイ『グアヴァ園は大騒ぎ』【Amazon
ブレイク・モリソン『あなたが最後に父親と会ったのは?』【Amazon
ゾエ・イェニー『花粉の部屋』【Amazon
エリザベス・マクラッケン『ジャイアンツ・ハウス』【Amazon
ジャイルズ・フォーデン『スコットランドの黒い王様』【Amazon
イアン・マキューアン『アムステルダム』(1998)
作曲家と新聞編集長と外務大臣の3人は、痴呆状態のまま死んでいった女の元恋人たち。その中の編集長が、知人(女の夫)から外務大臣の政治生命を脅かす写真を手に入れる。★★。
ケイト・サマースケイル『ネヴァーランドの女王』【Amazon
エリザベス・ギルバート『巡礼者たち』(1997)
短編集。「巡礼者たち」、「エルクの言葉」、「東へ向かうアリス」、「撃たれた鳥」、「トール・フォークス」、「着地」、「あのばかな子たちを捕まえろ」、「デニー・ブラウン(十五歳)の知らなかったこと」、「花の名前と女の子の名前」、「ブロンクス中央青果市場にて」、「華麗なる奇術師」、「最高の妻」の12編。★★★★。
ミック・ジャクソン『穴掘り公爵』【Amazon
ジョン・L・キャスティ『ケンブリッジ・クインテット』【Amazon
ジュノ・ディアズ『ハイウェイとゴミ溜め』【Amazon
フランク・マコート『アンジェラの灰』【Amazon】 (→文庫 上【Amazon】 下【Amazon】)
キャスリン・ハリソン『キス』【Amazon】 (→文庫【Amazon】)
エリック・フォスネス・ハンセン『旅の終わりの音楽』【Amazon】 (→文庫 上【Amazon】 下【Amazon】)