河出書房新社 Modern & Classic / Pulp Literature

Last Updated: 2008.9.8 (Mon)

リスト

タイトルにリンクのついている作品は、クリックするとレビューのページに移動します。

アクセル・ブラウンズ『ノック人とツルの森』(2004)【Amazon
ロラン・ゴデ『スコルタの太陽』(2004)
モンテプッチョに帰ってきた罪人が、女の腹に種を残して死亡した。その子供は長じてから村に災厄をもたらすようになる。さらに、物語は孫の代へと続き、一族の業を炙り出すのだった。★★★★。
ヤン・アベリ『ファラゴ』(2003)【Amazon
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『アメリカにいる、きみ』(2001-)
日本オリジナル編集の短編集。「アメリカにいる、きみ」、「アメリカ大使館」、「見知らぬ人の深い悲しみ」、「スカーフ――ひそかな経験」、「半分のぼった黄色い太陽」、「ゴースト」、「新しい夫」、「イミテーション」、「ここでは女の人がバスを運転する」、「ママ・ンクウの神さま」の10編。★★★。
アブラハム・B・イェホシュア『エルサレムの秋』(1993)
中編集。「詩人の絶え間なき沈黙」、「エルサレムの秋」の2編。★★★。
エマニュエル・カレール『口ひげを剃る男』(1986)
トレードマークの口ひげを剃り落とした男だったが、妻をはじめとして誰もそのことに気づかない。問いただしてみても、口ひげなんて元々なかったという。★★。
ドミニク・メナール『小鳥はいつ歌をうたう』(2002)
言葉が話せない娘と、読み書きのできない母は2人暮らし。母には、言葉が原因で祖父を失うという幼児期のトラウマがあった。★★。
アーシュラ・K・ル=グウィン『なつかしく謎めいて』(2003)
次元間移動法の発見によって、様々な人類の住む次元に旅行できるようになった。彼らの個性豊かな生態を、連作短編形式で紹介していく。全16編。エリック・ベドウズによる挿絵付き。★★★★。
ファトゥ・ディオム『大西洋の海草のように』【Amazon
ユーディット・ヘルマン『夏の家、その後』(1998)
短編集。「紅珊瑚」、「ハリケーン(サヨナラのかたち)」、「ソニヤ」、「何かの終わり」、「バリの女」、「ハンター・ジョンソンの音楽」、「夏の家、その後」、「カメラ=オブスキュラ」、「オーダー川のこちら側」の9編。★★★。
ウーヴェ・ティム『カレーソーセージをめぐるレーナの物語』(1993)
80過ぎの老婆レーナはカレーソーセージの発明者だった。かつて彼女の屋台に通っていた語り手がそのいきさつを尋ねる。――時は終戦間際のハンブルク。当時中年だったレーナは部屋に脱走兵を匿い、彼と愛し合う……。★★★。
アダム・ジョンソン『トラウマ・プレート』【Amazon
クリスチャン・オステール『待ち合わせ』【Amazon
アレグザンダー・トロッキ『ヤング・アダム』【Amazon
アンジェラ・カーター『ブラック・ヴィーナス』【Amazon
ウイ・ギチョル『9歳の人生』【Amazon
ダン・ファンテ『天使はポケットに何も持っていない』【Amazon
シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』【Amazon
トンマーゾ・ランドルフィ『月ノ石』【Amazon
ジェニー・エルペンベック『年老いた子どもの話』【Amazon
ウォーカー・ハミルトン『すべての小さきもののために』【Amazon
ホルヘ・フランコ『ロサリオの鋏』(1999)
銃弾を食らって病院に運びこまれたロサリオと、彼女につきそう語り手の「俺」。ロサリオはかっとなるとすぐに人を殺すプッツン女で、「俺」はそんな彼女に思いを寄せていた。「俺」と彼女と彼女の恋人(「俺」の親友)。3人でつるんだ思い出が断続的に語られていく。★★★。