ピュリッツァー賞 フィクション部門 / Pulp Literature

Last Updated: 2017.4.11 (Tue)

ピュリッツァー賞 フィクション部門とは?

アメリカの文学賞。 ピュリッツァー賞の一部門。アメリカ人著者によるフィクションを対象にしている。1918年に「小説部門」としてスタートし、48年に「フィクション部門」と改称した。

受賞作リスト

タイトルにリンクのついている作品は、クリックするとレビューのページに移動します。

2017年

Colson Whitehead "The Underground Railroad"【Amazon
未訳

2016年

Viet Thanh Nguyen "The Sympathizer"【Amazon
未訳

2015年

アンソニー・ドーア『すべての見えない光』(新潮社)
(1) ナチス時代のドイツ。孤児の少年ヴェルナーが、才能を認められて国家政治教育学校に入学する。そこでは士官候補生たちが異様な生活を送っていた。(2) 同じ時代のフランス。盲目の少女マリー=ロールが、父に連れられてサン・マロへ疎開する。博物館員の父は、伝説のダイヤモンド<炎の海>の守秘にあたっていた。★★★。

2014年

ドナ・タート『ゴールドフィンチ』【Amazon

2013年

アダム・ジョンソン『半島の密使』【Amazon

2012年

受賞作品なし

2011年

ジェニファー・イーガン『ならずものがやってくる』(早川書房)
盗癖を治すべく精神科医にかかっているサーシャは、かつて有名音楽プロデューサーであるベニーのもとで働いていた。ベニーは元パンクロッカーで、サーシャも彼に負けない数奇な人生を歩んでいる。物語は2人を軸に様々な人物に焦点を当てていく。★★★★。

2010年

ポール・ハーディング『ティンカーズ』【Amazon

2009年

エリザベス・ストラウト『オリーヴ・キタリッジの生活』(早川書房)【Amazon
連作短編集。「薬局」、「上げ潮」、「ピアノ弾き」、「小さな破裂」、「飢える」、「別の道」、「冬のコンサート」、「チューリップ」、「旅のバスケット」、「瓶の中の船」、「セキュリティ」、「犯人」、「川」の13編。

2008年

ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(新潮社)
アメリカ在住のドミニカ人オスカー・ワオは、SF・アニメ・TRPGなどに耽溺するナードだった。肥満体の彼は女にモテず、童貞のまま青春を過ごすことになる。童貞をこじらせ狂気を募らせていくオスカー。彼の一族にはトルヒーリョにまつわる凄惨な歴史があり、オスカー自身も過酷な運命に向かっていく。★★★★★。

2007年

コーマック・マッカーシー『ザ・ロード』(早川書房)
文明と秩序が崩壊したアメリカでは、寒冷化が進行して食糧が不足、人々は略奪や共食いで餓えをしのいでいた。そんななか、幼い少年が父親と旅をする。★★★★。

2006年

ジェラルディン・ブルックス『マーチ家の父 もうひとつの若草物語』【Amazon

2005年

Marilynne Robinson "Gilead"【Amazon
未訳

2004年

エドワード・P・ジョーンズ『地図になかった世界』(白水社)
19世紀のヴァージニア州マンチェスター郡。黒人農場主のヘンリー・タウンゼントが31歳で急死する。彼は両親ともども白人農場主の元奴隷で、父親が貯めた金で自由になっていた。ヘンリーは自由になった後、自分も黒人の奴隷を持ったので、奴隷制に否定的な父親と折り合いが悪くなっている。★★★★★。

2003年

ジェフリー・ユージェニデス『ミドルセックス』(早川書房)
半陰陽者の自伝。ギリシャ系移民の家庭に生まれたカリオペ・ステファニデスが、家族の肖像と思春期の悩みを物語る。彼は小さい頃、女の子として育てられていた。★★★★。

2002年

Richard Russo "Empire Falls"【Amazon
未訳

2001年

マイケル・シェイボン『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』(早川書房)
チェコのユダヤ人ジョー・カヴァリエが、ナチスのユダヤ人弾圧から逃れてアメリカに亡命、いとこのサミー・クレイの家に転がり込む。若い2人は「エスケーピスト」なるコミックヒーローを作り出し、一躍ベストセラー作家になるのだった。★★★。

2000年

ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』(新潮文庫)【Amazon

1999年

マイケル・カニンガム『めぐりあう時間たち』(集英社)【Amazon

1998年

Philip Roth "American Pastoral"【Amazon
未訳

1997年

スティーヴン・ミルハウザー『マーティン・ドレスラーの夢』(白水社)
19世紀末のアメリカ。葉巻商の息子マーティン・ドレスラーが、優れた経営手腕でホテルのオーナーに成り上がる。ホテルは順調に拡大の一途を辿るが……。★★★★★。

1996年

Richard Ford "Independence Day"【Amazon
未訳

1995年

キャロル・シールズ『ストーン・ダイアリー』
カナダの石工の家に生まれたデイジー・グッドウィルの生涯(1905-199?)。無口な父、世間知らずな母、育ての親にして将来の夫フレット教授。生誕のルーツから語り起こし、彼女と関わった人々にスポットを当てる。★★。

1994年

E・アニー・プルー『シッピング・ニュース』(集英社文庫)【Amazon

1993年

ロバート・O・バトラー『ふしぎな山からの香り』(集英社)【Amazon

1992年

ジェーン・スマイリー『大農場』(中央公論社)【Amazon

1991年

ジョン・アップダイク『さようならウサギ』(新潮社)【Amazon

1990年

オスカー・イフェロス『マンボ・キングス、愛のうたを歌う』(中央公論社)【Amazon

1989年

アン・タイラー『ブリージング・レッスン』(文藝春秋)【Amazon

1988年

トニ・モリスン『ビラヴド』【Amazon

1987年

ピーター・テイラー『メンフィスへ帰る』(早川書房)【Amazon

1986年

Larry McMurty "Lonesome Dove"
未訳

1985年

Alison Lurie "Foreign Affairs"【Amazon
未訳

1984年

ウィリアム・ケネディ『黄昏に燃えて』(早川書房)【Amazon

1983年

アリス・ウォーカー『カラー・パープル』【Amazon

1982年

ジョン・アップダイク『金持になったウサギ』【Amazon

1981年

John Kennedy Toole "Confederacy of Dunces"【Amazon
未訳

1980年

ノーマン・メイラー『死刑執行人の歌』(同文書院)【Amazon

1979年

ジョン・チーヴァー『ジョン・チーヴァー短編集』(研究社)【Amazon

1978年

James Alan McPherson "Elbow Room"【Amazon
未訳

1977年

受賞作なし

1976年

ソール・ベロー『フンボルトの贈り物』(講談社)【Amazon

1975年

Michael Shaara "Killer Angels"【Amazon
未訳

1974年

受賞作なし

1973年

ユドーラ・ウェルティ『マッケルヴァ家の娘』(新潮社)【Amazon

1972年

Wallace Stegner "Angle of Repose"【Amazon
未訳

1971年

受賞作なし

1970年

Jean Stafford "Collected Stories"【Amazon
未訳

1969年

N. Scott Momaday "House Made of Dawn"【Amazon
未訳

1968年

ウィリアム・スタイロン『ナット・ターナーの告白』(河出書房新社)【Amazon

1967年

バーナード・マラマッド『修理屋』(早川書房)

1966年

Katherine Anne Porter "The Collected Stories of Katherine Anne Porter"【Amazon
未訳

1965年

シャーリー・アン・グロウ『ハウランド家の人びと』(弘文堂)【Amazon

1964年

受賞作なし

1963年

ウィリアム・フォークナー『自動車泥棒』(講談社)

1962年

エドウィン・オコナー "The Edge of Sadness"
未訳

1961年

ハーバー・リー『アラバマ物語』(暮しの手帖社)【Amazon

1960年

Allen Drury "Advise and Consent"
未訳

1959年

ロバート・ルイス・テイラー "Travels of Jaimie McPheeters"
未訳

1958年

ジェームズ・アギー "A Death in the Family"
未訳

1957年

受賞作なし

1956年

マッキンレイ・カンター "Andersonville"
未訳

1955年

ウィリアム・フォークナー『寓話』(岩波文庫)【Amazon

1954年

受賞作なし

1953年

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』(新潮文庫)
キューバ。不漁続きの老漁師が小舟で沖に出る。巨大なマカジキと4日間戦って勝利するも、帰る途中、鮫の妨害に遭う。★★★★★。

1952年

ハーマン・ウォーク『ケイン号の叛乱』(早川書房)【Amazon

1951年

コンラッド・リクター "The Town"
未訳

1950年

A・B・ガスリー・Jr "The Way West"
未訳

1949年

ジェームズ・G・カズンズ "Guard of Honor"
未訳

1948年 「フィクション部門」に改称

ジェイムズ・A・ミッチェナー『南太平洋物語』(六興出版社)

1947年

ロバート・ペン・ウォーレン『すべて王の臣』(白水社)【Amazon

1946年

受賞作なし

1945年

ジョン・ハーシー "A Bell for Adano"
未訳

1944年

マーティン・フレーヴィン "Journey in the Dark"
未訳

1943年

アプトン・シンクレア "Dragon's teeth"
未訳

1942年

Ellen Glasgow "In This Our Life"
未訳

1941年

受賞作なし

1940年

ジョン・スタインベック『怒りの葡萄』【Amazon

1939年

マージョリー・キーナン・ローリングズ『仔鹿物語』(角川文庫)

1938年

John Phillips Marquand "The Late George Apley"
未訳

1937年

マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』【Amazon

1936年

ハルロド・L・デイヴィス "Honey in the Horn"
未訳

1935年

ジョセフィン・ウィンスロー・ジョンソン "Now in November"
未訳

1934年

キャロライン・ミラー "Lamb in His Bosom"
未訳

1933年

T・S・ストリブリング "The Store"
未訳

1932年

パール・バック『大地』【Amazon

1931年

マーガレット・エアー・バーンズ "Years of Grace"
未訳

1930年

Oliver Lafarge "Laughing Boy"
未訳

1929年

Julia Peterkin "Scarlet Sister Mary"
未訳

1928年

ソーントン・ワイルダー『サン・ルイ・レイ橋』

1927年

ルイス・ブロムフィールド "Early Autumn"
未訳

1926年

シンクレア・ルイス『ドクター アロースミス』【Amazon

1925年

エドナ・ファーバー "So Big"
未訳

1924年

マーガレット・ウィルソン "The Able McLaughlins"
未訳

1923年

ウィラ・キャザー "One of Ours"
未訳

1922年

ブース・ターキントン『アリス・アダムス』

1921年

イーディス・ウォートン『エイジ・オブ・イノセンス』(新潮文庫)【Amazon

1920年

受賞作なし

1919年

Booth Tarkington "The Magnificent Ambersons"
未訳

1918年 「小説部門」としてスタート

アーネスト・プール "His Family"
未訳