双子小説特集 / Pulp Literature

Last Updated: 2016.12.8 (Thu)
イアン・マキューアン『未成年』(鮮烈度 ★★★)を追加。

このコンテンツについて

双子が登場する文学作品を集めています。フィクション世界では何かと個性的な扱いを受ける双子。入れ替わりトリックに使われたり、猟奇的な雰囲気を演出したり、その用途は様々です。このコンテンツでは、そんな神秘な双子にスポットを当ててみることにしました。全国に点在する双子文学ファンのお役に立てれば幸いです。

説明文の末尾にある★は鮮烈度を表しています。双子のインパクトが強ければ強いほど評点は高くなります(五つ星が最大)。作品の評価を表しているわけではないので注意。

双子文学に関する情報は、メールフォームまでお気軽にお寄せ下さい。

作品リスト(鮮烈度別/作者名順)

★★★★★

江戸川乱歩「双生児」(1924)【Amazon
強盗殺人で死刑判決を受けた男(双子の弟)の告白。双子の近親憎悪を題材としている。その憎悪の強さたるや、「ほかになんの理由がなくても、ただ同じ顔をした肉親であるということだけで、充分殺してしまいたくなるほど」(p.15) 男は兄を殺害したあと、そのまま彼になりすまして悪事をはたらく。(鮮烈度 ★★★★★)[主役] [ミステリ]
アゴタ・クリストフ『悪童日記』(1986)【Amazon
「大きな町」から疎開してきた双子の幼い兄弟。彼らは「魔女」と呼ばれる祖母の家に預けられ、生き抜くために労働と訓練に励む。「体の鍛錬」と称してお互いの体を叩いたり、「精神の鍛錬」と称してお互いを罵ったり。さらには他人を脅迫し、殺人にまで手を染める。(鮮烈度 ★★★★★)[主役]
エドワード・ケアリー『アルヴァとイルヴァ』(2003)【Amazon
アルヴァとイルヴァは双子の姉妹。自分たちのことを一心同体だと信じていて、離ればなれになったら死ぬと思っている。(鮮烈度 ★★★★★)[主役]
吉行理恵「桃花の蕾」(1984)【Amazon
30代の邪悪な双子姉妹(康子&妹)。康子は専業主婦で、夫・松宮はエリートサラリーマン。夫婦には2人の子供がおり、家には康子の妹(独身・会社員)も同居している。「一卵性の双子でもちょっとしたところで見分けられるものなのに、康子たちはあまりによく似ているので、家の中で康子はピンク、妹は黄色を身に着けることにしたが、双子が洋服を替えても誰も気付かなかった。ときどき康子は妹が勤める会社に出掛け、妹は松宮と同衾した。その遊びは康子が身籠もる迄続いた。」(p.169) 姉妹は意地悪で傍若無人。世間体を守りつつ、いじめやいたずらなど性格の悪さを発揮している。(鮮烈度 ★★★★★)[主役]
吉行理恵「赤い庭」(1985)【Amazon
「桃花の蕾」の続編。30代の邪悪な双子姉妹(康子&伸代)。2人について、母親は次のように述べている。「康子と伸代に太刀打ちできる女はいないわ。賢ければ、初めから近付かないし、うっかり捕ったら利用されたり見下げられたり、ろくなことがないから這う這うの態で目の届かない所へ隠れるしかないわよ」(p.188) 2人の邪悪さはますます磨きがかかっていて、本作では資産家の嫁を自殺(縊死)に追い込んでその後釜に座っている。「首吊りをすると必ずウンコが出るのですって」双子は愉しそうに噂した。(p.193) 他にも嫌がらせや策略がてんこ盛りなので、これから読む人は覚悟されたい。(鮮烈度 ★★★★★)[主役]

★★★★

雨宮雨彦「ふたご」(1997)【Amazon
広島に住む中学2年の双子姉妹(雪子&露子)。2人は一卵性双生児で同じ顔をしていたが、印象は正反対で取り違える人は誰もいなかった。雪子は桃のような頬をした活発な優等生で、クラスの中心人物として取り巻きを従えている。一方の露子は青白い病的な女の子で、クラスでは孤立している。雪子は清楚系。露子は地味系。雪子は反核平和運動を組織して新聞に載った。露子はいじめっこの顔にウシガエルの内臓をこすりつけて相手を失禁させた。転校生の「僕」は雪子と交際するも、徐々に露子のほうに惹かれていく。(鮮烈度 ★★★★)
いしいしんじ「赤と青の双子」(2005)【Amazon
父親に望まれずに生まれた双子の兄弟(赤男&青男)。2人は4人兄弟の三男と四男。「赤男青男は、それこそ鏡の国で産まれた如き双子で、父、次男はもちろん、長男にさえ、それぞれを分別するのは至難であった。どんなに似た双子でも、知恵が付くにつれ、才気、というか、性格の違いが顔に発露するものであるが、このふたりに限っては、小学校に通う歳になっても、まるで並べた亀のように見分けが付かない。」 母親によって全身真っ赤・全身真っ青の服を着せられた2人は、通ってる小学校で徹底的な虐待を受ける。さらに、部屋もカーテン・絨毯・壁紙に至るまで赤と青に二分割されていた。(鮮烈度 ★★★★)[主役]
岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」(1999)【Amazon
16歳のときに遊郭へ売られた女郎に双子の姉妹。間引き屋の母は生まれたばかりの姉妹の片方を……。(鮮烈度 ★★★★)[主役] [ホラー]
海野十三「三人の双生児」(1935)【Amazon
※ネタバレ注意! 二卵性双生児+シャム双子(珠枝&真一+真二)。珠枝と真一は卵子は同じでも精子が違っており、真一は近親相姦で生まれた子だった。真一には首が2つ(もう片方は「真二」と名付けられる)あったため、世間体を考えてしばらくは座敷牢に閉じこめられることに。その後、真二は切除され、真一の身柄は見世物小屋にわたる。(鮮烈度 ★★★★)[主役] [ミステリ]
江國香織『なつのひかり』(1995)【Amazon
姿格好がまったく同じで、挨拶をされても返事をしない、無愛想な10歳くらいの双子の姉妹が登場。マンションの非常階段をたまり場とし、顔を見合わせてくすくす笑いをしている。(鮮烈度 ★★★★)
アンジェラ・カーター『ワイズ・チルドレン』(1991)【Amazon
75歳の双子の姉妹(ドーラ&ノーラ)。俳優(双子)の私生児として生まれ、ショウビジネスの世界で活躍してきた。「ただし、一卵性双生児ではあっても、左右対称だったことはただの一度もない。人間の体だって左右対称ではないでしょう。足だってかならずどちらかの足のほうが大きいし、耳垢もたくさん出る耳は、左から右のどっちか一方。ノーラのウンチは下痢っぽいけど、私は便秘症。ノーラは財布の紐のほうもゆるくて、男どもにどんどんみつぐタイプ、哀れなタイプの女だけど、私はケチケチと貯めこんできた。メンスのときも妹は困るほど量が多く、私はほんのもうしわけ程度。彼女は『そうね!』といい、私は『かもね……』といいながら生きてきた。」(p.11) 一族は双子遺伝子が強いようで、作中には合わせて5組の双子が登場する。(鮮烈度 ★★★★)[主役]
小林恭二『ゼウスガーデン衰亡史』(1987)【Amazon
双子の兄弟・宙一&宙二は、のちに日本を席巻することになる遊戯場の創業者。小さい頃は両親でさえ見分けがつかないほどそっくりだったものの、高校に入ってからは一転して異なる性格・風合いを見せるようになる。夢想家の宙一と実務家の宙二は、お互いの長所を生かして事業を成功させるのだった。ところが、しばらくして2人は何の前触れもなく完全な同一人物と化してしまう。その精度は、「同じそぶりで同じ大きさかつ同じ色合いのペニスをしっかと握りしめてマスターベーションをはじめ、その結果厳密に同タイムで同量の精子を射精する」ほど。現代の奇蹟として医者を驚かせることになる。(鮮烈度 ★★★★)
辻村深月『本日は大安なり』(2011)【Amazon
外見がそっくりな双子の美人姉妹(鞠香&妃美佳)。2人は眼球が丸すぎてコンタクトレンズが合わせづらいという特徴を有しており、幼い頃はお揃いのワンピースを着て色違いのリボンを身につけ、さらには同じ習い事をしていた。ところが、両親が鞠香を「お姉ちゃん」と呼ぶようになってから人生が一変する。姉は周囲に人望の篤いリア充になり、妹は小学生ながら早くも喪女と化してしまった。中学時代は鞠香に間違えられた妃美佳がストーカーにキスされる事件も起きている。そんな妃美佳も成人して結婚式を迎えることに。しかし、新婦になるはずの妃美佳は結婚相手を試すため、鞠香に入れ替わってもらって式に臨むのだった。(鮮烈度 ★★★★)[主役]
ミシェル・トゥルニエ『メテオール(気象)』(1975)【Amazon
ブルターニュ地方の田舎町で生まれ育った双子の兄弟(ジャン&ポール)。2人は自分たちでも見分けがつかないほどそっくりで、兄弟間でしか通じない隠れ言語「風の言葉」で会話をしていた。さらに、彼らはさかさまに向き合って精液交換の儀式までしている。「双子の親密性を知ってしまうと、それ以外の親密性は、見も知らない人と体を接していなければならない時にも似た、気持ちの悪さを引き起こすものでしかない」(p.179) ポールは双子が単独者に優越していると豪語していたが、ジャンは自分たちの双子性に嫌気がさして鏡を見るのも避けていた。ジャンは双子の絆から逃れるべく旅に出る。(鮮烈度 ★★★★)[主役]
村上春樹『1973年のピンボール』(1980)【Amazon
目が覚めたら「僕」の両脇に双子の姉妹が寝ていた。(鮮烈度 ★★★★)
吉村達也『ふたご』(1996)【Amazon
完全同一体の双子姉妹(唯季&唯李)。別名パーフェクト・ツインズ。幼い頃から2人は一卵性双生児の相似レベルを遥かに超越していた。外見はおろか脈拍数や呼吸数、さらには鼓動の打ち方や息の吐く吸うのサイクルまで完全にシンクロしている。それに恐怖した両親は、2人を別々の幼稚園に通わせることで違いを出そうとするも、姉妹は定期的に入れ替わって同じ経験を共有していた。その異常さを恐れた母親は、精神的に追い詰められて自殺する。(鮮烈度 ★★★★)[ホラー]

★★★

赤川次郎『ウェディングドレスはお待ちかね』(1986)【Amazon
顔はそっくりだが性格はまるで違う22歳の双子姉妹(麗子&美知)。姉の麗子は世間知らずの箱入り娘で、南条家の令嬢としてぼんやり暮らしている。一方、妹の美知は喧嘩が強く、<暗黒通り>で不良グループのボスをしていた。麗子は結婚まであと数日と迫っていたが、見知らぬ女から婚約者の素性について警告される。女によると、婚約者はかつて金持ちの娘と結婚して彼女を殺したという。事情を知った美知は、麗子と入れ替わって危機に備える。(鮮烈度 ★★★)[主役]
赤川次郎『アンダースタディ』(1993)【Amazon
両親の離婚で3歳のときに生き別れた双子姉妹(添田美幸&内海奈美)が、父の死をきっかけに18年ぶりに再会する。妹が平凡なOLをしていたのに対し、姉は裕福な生活を送っていた。2人は顔が瓜二つだったため、妹が姉の代役を引き受け男とデートする。「姉は寒がり。私は暑がり。双子でも、違うところはあるものなのだ。」 バブル臭ただよう勘違い系の双子小説。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ジョン・アップダイク「双子姉妹」(1987)【Amazon
プリシラ&スーザン。2人は両親によって別々の育ち方をするよう教育されていた。「家庭内では、プリシラが『芸術家』肌、スーザンが『実務家』または『科学者』肌という神話が出来上がっていたけれども、二人にしてみればおたがいの興味や姿勢はほとんど同一なのだ。子供の頃罹った水疱瘡やおたふく風邪も同時なら、夏に別々の林間学校や臨海学校に送られても、九月になって話し合うと、たまたま全く同じ試練に遭い、全く同じことを初体験しているのである。全然別の遠く離れた湖で全く同じ週に泳げるようになり、全然別の森とはいえ、最初のペッティング経験は森の中だった。」(p.155) 主人公ハンクはプリシラと懇意になるも、スーザンと出会ってからは彼女に惹かれるようになる。「彼女(引用者註: プリシラのこと)が双子の片割れであるという事実は、プリシラの姿に後光の輝きを添える。それはつまり、どこかにこの現実、この肉体の隠れた分身が存在するという奇妙にプラトニックなヒントでもあり、二重像の仄かに滲んだ光でもあった」(p.158) (鮮烈度 ★★★)
有栖川有栖『マジックミラー』(1990)【Amazon
古美術商をしている双子の兄弟(新一&健一)。兄の新一が社長、弟の健一が専務をしている。2人は顔・体格だけでなく、髪型や酔った顔の赤らみ具合、大きな身振りもそっくりで他人では見分けがつかない。彼らは殺人事件の被疑者になるも、双子であることを利用したトリックを駆使して完璧なアリバイを作り上げている。そして、作中にはもう1組双子が……。(鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』(2003)【Amazon
プラネタリウムに遺棄された双子の赤ん坊が解説員に引き取られる。2人はテンペルとタットルと呼ばれるようになった。彼らは14歳まで一緒にプラネタリウムの仕事を手伝ったり、郵便局で配達のバイトをしたりするも、ある日、テンペルが手品師の一座に加わって離ればなれになる。2人は鏡に映したようにそっくり。しかし性格は違っていて、タットルのほうは気が強く、テンペルのほうは夢を見ているような雰囲気がある。(鮮烈度 ★★★)[主役]
伊藤たかみ『ミカ!』(1999)【Amazon
大阪に住む小学6年生の男女(ユウスケ&ミカ)。ミカは男勝りで喧嘩が強い。性的に分化する時期にさしかかるも、女になるのを頑なに拒んでいる。「なんでアタシ女なん? 女になんてなりたなかったわ。イヤやイヤや、もーイヤや。女はイヤ、男になりたい! 生理とかおっぱいとか、全部イヤや。ユウスケがつけたらええねん」(p.179) 双子小説としてのインパクトはともかく、文学作品としては傑作なので一読をお勧めする。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』(2003)【Amazon
『ミカ!』の続編。ユウスケとミカは中学2年生になっている。相も変わらずオトコオンナぶりを発揮するミカは、制服以外ではスカートをはかない。しかし、クラスメートの男子を好きになることで否応なく変貌する。ユウスケは喪失感を味わうことに。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
上田早夕里『美月の残香』(2008)【Amazon
複雑な内面を抱えた双子の姉妹(美月&遥花)。幼い頃から姉の美月は双子であることを楽しんでいたが、妹の遥花は姉と比べられるのを嫌がっていた。中学時代は姉に似るまいとして髪の毛をバッサリ切っている。2人は同じ大学を卒業後、別々の会社に就職するも、ほどなくして姉が婚約者を連れてくる。相手は双子の兄(真也)だった。美月と真也は結婚、そして遥花は真也の弟・雄也と交際する。双子同士の順調な人間関係が続くと思われたが、ある日、美月が失踪してしまうのだった。夫の真也は美月の匂いを求めて遥花に接近する……。(鮮烈度 ★★★)[主役]
カート・ヴォネガット『スラップスティック』(1976)【Amazon
二卵性双生児の姉弟(イライザ&ウィルバー)。大金持ちの家に生まれた2人は奇形児で、それぞれ指は6本、乳首は一箇所に2つずつあった。子供時代は白痴として育てられるも、実は人並みの知能を有しており、さらには2人が頭を寄せ合うとその頭脳は天才にまで高められた。身長はどちらも9歳時で2メートル越え。長じてからは弟のウィルバーは医者になり、姉のイライザは火星の植民地で客死する。その後、生き残ったウィルバーはアメリカ合衆国の大統領に。彼はあらゆる人間に新しいミドルネームを発行することによって、アメリカに人工的な拡大家族を作り出す。(鮮烈度 ★★★)[主役]
打海文三『裸者と裸者』(2004)【Amazon
内戦下の関東でたくましく生きる双子姉妹(桜子&椿子)。孤児になった2人は水戸市で昏酔強盗をして生計を立て、その後は府中市でトラック運転手をする。ひょんなことから政府軍の兵士を殺害して指名手配された2人は、少女だけのマフィア・グループ、パンプキン・ガールズを結成するのだった。「ところでおまえは桜子か? 椿子か? いまどっちがしゃべってんだ?」/「あたしたちだよ」/「どっちだっていいってことか?」/「桜子は椿子、椿子は桜子、あたしたちをべつべつの人格にわけることはできない」(鮮烈度 ★★★)[主役(後半から)]
梅崎春生『狂い凧』(1963)【Amazon
44歳の大学講師・矢木栄介は、戦時中に双子の弟・城介と死に別れていた。2人は二卵性双生児で外見がそっくり。性格は弟のほうが活発で、彼は中学時代に事件を起こして退学している。兄弟は伯父から「成績の良いほうに大学までの学資を出し、自分に子供ができなかったらその子を養子にもらう」という約束をとりつけられていた。やがて戦争が始まり、弟の城介が徴兵されることに。衛生兵として大陸で活動した城介は、戦地から帰還する直前に自殺する。(鮮烈度 ★★★)[主役]
大阪圭吉「石塀幽霊」(1935)【Amazon
28歳の双子の兄弟(宏&実)。2人は「体格と云い容貌と云いまるで瓜二つで、二人とも同じような蚊飛白の浴衣を着、同じような黒い錦紗の兵児帯を締めている。」 彼らは殺人事件の被疑者になるのだった。(鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
大島真寿美『ゼラニウムの庭』(2012)【Amazon
明治末期の裕福な家庭に生まれた双子の姉妹(嘉栄&豊世)。姉の嘉栄は異様に成長が遅く、妹の豊世が小学校を卒業し、高等女学校へ通いだしてもまだ、見た目は幼児と変わらなかった。父親の決断によって、嘉栄は世間から隠されて育てられることになる。「私たち、悲しいわね。悲しい双子だわね。私たち、近くにいるべきじゃないのかもしれないわね」(p.165) 豊世が亡くなった後も嘉栄は生き続け、140歳になってもなお元気でいた。(鮮烈度 ★★★)[主役]
大塚英志『多重人格探偵サイコ~小林洋介の最後の事件~』(1998)【Amazon
刑務所に収監されている元テロリストに双子の娘(一子&二子)。2人は表向き弁護士の養女として暮らしていた。しかし、裏では刑務所内で行われている賭け事に協力している。ダンボールに詰めた嬰児の死体を車に轢かせたり、新聞社の社員食堂にある砂糖のポッドを青酸カリ入りのものをすり替えたり。そしてついには養父を毒殺し、最後は片方がもう片方を殺してしまう。そのとき2人は入れ替わっていた。(鮮烈度 ★★★)
大山誠一郎『仮面幻双曲』(2006)【Amazon
※ネタバレ注意! 戦国時代から続く名家の双子兄弟(文彦&武彦)。2人は二卵性双生児で顔が違っていたが、ある事情から弟が整形手術をして兄と同じ顔になる。その精度は、「一重瞼、獅子鼻、尖った顎――まるで同じ鋳型から作り出されたからのようだった。」(p.119) 性格は兄が外交的で、弟が内向的。腹に一物を抱えた弟は、兄を殺害すべく別人になりすます。(鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
小川洋子「リンデンバウム通りの双子」(2001)【Amazon
80代の双子の兄弟(カール&ハインツ)。「双子の中でもことさらよく似た兄弟だった。痩せて背は高く、顎がとがり、大きな耳が前へ張り出している。(……)容姿だけでなく、腰掛ける姿勢、ちょっとした仕草から、老いの影の匂いまで、どこもかしこもそっくりだった。」(p.190) 2人は色違いの丸首セーターを着ているため、そっくりでも区別できるようになっている。兄のカールは花屋、弟のハインツは翻訳家をしていた。(鮮烈度 ★★★)
乙一「カザリとヨーコ」(1998)【Amazon
中学2年生の双子の姉妹(ヨーコ&カザリ)。姉妹は母親と3人で暮らしていたが、妹のカザリが母から溺愛されているのに対し、姉のヨーコは母から虐待を受けている。「わたしの顔はカザリに似ていた。一卵性双生児でまったく同じ顔なのだから当然といえば当然なのだが、けれどわたしとカザリを見まちがう人間はいなかった。カザリははつらつとして明るかったかれどわたしは暗くじめじめしていた。」 ヨーコへの虐待は年を経るごとにエスカレートしていて、幼い頃は精神的なものだったのが、現在では肉体的なものになって死の危険を感じている。そんななか、ある事件が起きて姉妹は入れ替わることになった。(鮮烈度 ★★★)[主役]
乙一『GOTH』(2002)【Amazon
人間の残酷面に興味がある女子高生・森野夜。彼女には小学2年生のとき死に別れた双子の妹・夕がいた。姉妹は顔とほくろの位置が同じ。髪は腰まで伸ばし、服も似たようなものを選んで着ていた。母親でさえ外見で見分けることはできなかったという。2人は死体の真似をしたり、犬に漂白剤を飲ませたりして遊んでいた。ある日、妹の夕は首吊り死体の真似をしようとして事故死する……。その話を聞いた「僕」はひとつの疑問を抱き、夕が死んだ現場へ向かう。 (鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
恩田陸『球形の季節』(1994)【Amazon
双子の男子高校生(忠彦&考彦)が登場。両親の離婚で離ればなれになった彼らは、同じ市内の別々の学校に通っている。「潮見忠彦と孝彦は、本当に瓜二つだった。中肉中背、サッパリと切った黒髪、キリッとした眉に利発そうな瞳。「日本の少年」というタイトルをつけて総務省のポスターにでも起用したいような、爽やかで「正統な」感じのする少年二人であった。質問をしてもハキハキとして、片方がしゃべれば同じ声があとを続ける。息の合った――というよりも一つのものを二つに分けたような二人が、互いの顔をチラリチラリと見ながら話し続ける。」(p.177) (鮮烈度 ★★★)
角野栄子『アイとサムの街』(1989)【Amazon
12歳の双子の姉妹(アイ&ミイ)。アイは活発で男の子っぽい。穴の空いたジーンズをはき、オリジナルの自転車「ねこちゃん」を開発している。ミイはお洒落で女の子っぽい。髪の毛にリボンを結い、ふりふりのスカートをはいている。「ほんとにまあ、あんたたちみてると、どうしてこうちがうんだろ。神さまもずいぶん手間ひまけたもんだわねえ。せっかくふたごなんだから、同じような女の子ふたりつくっとけば楽でいいのに」(p.10) 2人はハイテク少年サムと出会い、街で見つけたある謎を追いかける。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
上条さなえ『玉子の卵焼き』(2010)【Amazon
小学四年生の双子の兄妹(俊英&玉子)。妹の玉子は学年のちょっとした有名人で、勉強はできない、運動は苦手、歌も笛もタンバリンも滅茶苦茶、おまけに友達としょっちゅう喧嘩している。おかっぱ頭の玉子は西郷隆盛にそっくりだった。そんな彼女が、オムレツ専門店が主催する利き卵コンテンストに出場することになる。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
ガブリエル・ガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』(1981)【Amazon
復讐を誓った双子の兄弟(パブロ&ペドロ)が、ターゲットをブッチャーナイフで滅多刺しにする。(鮮烈度 ★★★)
パノス・カルネジス「石の葬式」(2002)【Amazon
双子の姉妹が実の父から虐待されて育つ。18年間首輪をつけて地下室で監禁されるも、隙を見て脱走する。(鮮烈度 ★★★)[主役]
川端康成『古都』(1962)【Amazon
生き別れの双子の姉妹(千重子&苗子)が再会。千重子に想いを寄せていた男が苗子に結婚を申し込むという双子小説ならではの逆転劇が見られる。さらに、姉妹は同衾を果たすのだった。(鮮烈度 ★★★)[主役]
岸田るり子『月のない夜に』(2015)【Amazon
二卵性双生児の姉妹(月光&冬花)。外見の似てない双子。妹の冬花は幼い頃から体が弱かったうえに母親が早世したため、姉の月光が彼女の面倒を見てきた。さらに、冬花は発達障害で空気の読めない言動をするため、人間関係がうまくいっていなかった。そんな冬花が殺人容疑で逮捕される。彼女には高校時代に端を発する宿命の女がいた。(鮮烈度 ★★★)[主役] [ミステリ]
北原尚彦「蒼ざめた双子の少女」(2015)【Amazon
病気でもないのに顔が青ざめている10歳の双子姉妹(グウェンドリン&リリアン)。「グウェンドリンとリリアンは瓜二つで、二人とも可愛らしかった。まるで絵本に描かれる主人公の少女そのままだった――顔色が悪いことを除けば。」(p.67) グウェンドリンは赤いリボン、リリアンは白いリボンをつけている。ワトソンの妻が彼女たちの謎を解く。(鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』(1871)【Amazon
双子の兄弟トゥイードルダム&トゥイードルディー。1人は襟に「ダム」と刺繍し、もう1人は襟に「ディー」と刺繍している。2人はでぶっちょの小男で、大きな小学生みたいな格好をしていた。彼らはアリスと手を繋いで輪になって踊るも、太っているためにたちまち息が切れてしまう。(鮮烈度 ★★★)[児童文学]
エラリー・クイーン『シャム双子の謎』(1933)【Amazon
陽気なシャム双子の少年たち(フランシス&ジュリアン)。2人は母親に連れられ、山奥にある医者の家に匿われていた。ところが、滞在中に殺人事件が発生、彼らはその被疑者になる。(鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
アンドルー・ショーン・グリア「フリン家の未来」(1997)【Amazon
フリン家の4歳の息子が双子(マーキー&ダニー)。マーキーはピンクのシャツ、ダニーは水色のシャツと、2人は色で分けられている。また、彼らは秘密の言葉で喋っている。「ババビドリノオトコノコババユウレイビビイエデイデババビユウレイガガダダクサンババイデ……」(p.278) (鮮烈度 ★★★)
エーリヒ・ケストナー『ふたりのロッテ』(1949)【Amazon
両親の離婚で幼い頃に生き別れた双子姉妹(ルイーゼ&ロッテ)が、夏の林間学校で偶然再会する。2人はお互いの存在を知らずに育っていた。邂逅を果たした姉妹は両親を復縁させるべく、密かに入れ替わって帰宅の途につく。ルイーゼは活発な巻き毛、ロッテはおとなしいお下げ。入れ替わっても誰も気づかない。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
斉木香津『五十坂家の百年』(2015)【Amazon
(1) 江戸時代に建てられた武家屋敷で生まれ育った一卵性双生児の姉妹(蘭子&蝶子)。2人は会話も目配せもなしで意思の疎通ができた。一族の業を背負った彼女たちは、山の見晴台から手を繋いで飛び降り自殺する。(2) 蝶子の子供が二卵性双生児の兄弟(一枝&二葉)。2人は顔も性格も生き方も違っていた。一族は双子の生まれやすい家系。(鮮烈度 ★★★)
沙藤一樹『プルトニウムと半月』(2000)【Amazon
原子炉の爆発がきっかけで別々の家に預けられた双子の姉妹(華織&沙織)。2人は生まれたときから外見がそっくりだった。実の親でさえ間違えることがあったため、髪の分け方を左右逆にしてみたが、それでも間違えられる。そのうえ2人は鏡のようでもあった。華織が右手をあげると、沙織は左手をあげる。華織が髪を左へ流してもらうと、沙織は髪を右へ流してもらう。常に左右対称になっていた時期があった。2人は4歳のときまで彼女たちの間だけで通じる特別の言語を使っていたという。そんな姉妹は別々の家に引き取られたあと、とある問題を解決するために入れ替わってそれぞれ相手方の家に行くことになる。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ジョルジュ・サンド『愛の妖精』(1849)【Amazon
裕福な農家に双子の兄弟(シルヴィネ&ランドリ)が生まれる。2人は愛情が強く、離ればなれになることを嫌っている。しかし14歳になったとき、弟だけ奉公に出されるのだった。弟がたくましく成長するのに対し、兄のほうは弟への嫉妬が高じて病気になる。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
アレックス・シアラー『海のはてまで連れてって』(2003)【Amazon
双子の兄弟(「ぼく」&クライヴ)が、父が働く豪華客船に忍び込む。「ぼく」は徹底的にクライヴをバカにしており、将来は刑務所で暮らすだろうと予想している。確かにクライヴは普通ではない。ドン・キホーテよりややマシな程度の、痛烈なボケを連発している。(鮮烈度 ★★★)[主役] [児童文学]
ウィリアム・シェイクスピア『間違いの喜劇』(1594?)【Amazon
船が難破して生き別れになった双子の兄弟(エフェソスのアンティフォラス&シラクサのアンティフォラス)と、その兄弟に仕える双子の従者(エフェソスのドローミオ&シラクサのドローミオ)。アンティフォラス(E)はエフェソスの街で妻帯し、ドローミオ(E)も2人に仕えていた。そこへシラクサからアンティフォラス(S)とその従者ドローミオ(S)がやってくる。2組の双子が間違えられてややこしい事態に陥るのだった。(鮮烈度 ★★★)[主役] [戯曲]
ウィリアム・シェイクスピア『十二夜』(1602?)【Amazon
船が難破して生き別れになった双子の男女(セバスチャン&ヴァイオラ)。妹のヴァイオラは男装して当地の公爵に仕えることになる。公爵は伯爵令嬢に恋をしており、ヴァイオラはその使者として令嬢に会うことなった。ところが、令嬢はヴァイオラに一目惚れしてまう。令嬢の恋心を受け入れることができないヴァイオラ。その後、兄のセバスチャンが領地にやってくるも、ヴァイオラに間違えられて一悶着起きる。男装したヴァイオラはセバスチャンにそっくりだった。(鮮烈度 ★★★)[主役] [戯曲]
柴田よしき「薫衣草」(2005)【Amazon
二卵性双生児の姉妹(清香&沙香)。外見の似てない双子。「からだつきも足のサイズも声も同じ、それなのに、顔や性格がまるで違う。ふたりは、ある意味、互いが互いにとって、とても不思議な存在であったのだ。」(p.9) 。2人は中学から進路が別になり、それぞれ違った人生を送ることになった。中年になったある日、妹の沙香が失踪して見知らぬ街で遺体で発見される。姉の清香が妹の足取りを調べることに。(鮮烈度 ★★★)[主役]
島本理生『クローバー』(2007)【Amazon
双子の大学生(華子&冬治)。姉の華子は惚れっぽいうえに身持ちが軽く、容姿へのコンプレックスから男を取っ替え引っ替えしている。一方、弟の冬治は自己否定的で、過去の失恋から恋には慎重になっていた。顔は瓜二つだが性格の違う2人は、大学へ通うために上京して同じ部屋に住んでいる。(鮮烈度 ★★★)[主役]
小路幸也『キサトア』(2006)【Amazon
6歳の双子姉妹(キサ&トア)。キサは日の出とともに目を覚まし、日の入りとともに眠りにつく。トアは日の入りとともに目を覚まし、日の出とともに眠りにつく。2人は朝陽が昇る瞬間と夕陽が沈む瞬間しか一緒に話すことができない。キサとトアはまったく同じ顔をしているものの、性格はキサが社交的・トアが人見知りと異なっている。服の好みも、キサが派手な色を好むのに対し、トアは白っぽいものを好んでいる。2人が住む港町の近くには、海から巨大な<泣き双子岩>が突き出ており、そこでは今までに20組以上の双子が命を落としていた。(鮮烈度 ★★★)[児童文学]
白石公子『僕の双子の妹たち』(2004)【Amazon
「僕」の妹が二卵性の双子(実のり&穂のか)。実のりはO型の大学生で、穂のかはA型の専門学校生。「いつになっても、実のりと穂のかの関係は、バランスのとれないやじろべえのようだ。実のりが不安定になると穂のかはしたたかになって冷静になる。実のりがおちつくと穂のかが混乱していく。永遠に終わらないシーソー遊びだ。」(p.196-7) また、実のりは大学の先生と不倫関係にある。(鮮烈度 ★★★)
ゼイディー・スミス『ホワイト・ティース』(2000)【Amazon
ロンドンに移住してきたムスリムの子供が双子(ミラト&マジト)。ミラトは未成年ながらイスラム原理主義グループに入る。マジトは伝統を受け継がせようと故郷に送り返されるも、何の因果かイギリスナイズされて帰ってくる。(鮮烈度 ★★★)
W・G・ゼーバルト『目眩まし』(1990)【Amazon
少年カフカにそっくりの双子が登場。揃ってくつくつ笑いしている。(鮮烈度 ★★★)
マーク・トウェイン「まぬけのウィルソン」(1894)【Amazon
欧米を遍歴中のイタリア人兄弟(ルイージ&カペッロ)。2人は貴族の家柄で、ピアノの連弾を得意とする。若いながらも様々な冒険を経てきた。片方は色が黒く、片方は色が白い。また、片方は大酒飲みで、片方はあまり酒を飲まない。2人はアメリカ西部に来て厄介な目に遭う。(鮮烈度 ★★★)
マーク・トウェイン「かの異形の双生児」(1894)【Amazon
欧米を遍歴中のイタリア人兄弟(ルイージ&カペッロ)。2人は貴族の家柄で、ピアノの連弾を得意とする。ただし、「まぬけのウィルソン」とは違って、こちらは頭が2つ・腕が4本・胴体が1つ・脚が2本のシャム双生児である。イメージとしては、『キン肉マン』に出てくるアシュラマンみたいな感じ。2人はそれぞれ意思を有しているものの、体(両足)の支配権は1週間ごとに交代しているため、特に混乱なく動くことができる。(鮮烈度 ★★★)[主役]
オルガ・トカルチュク『昼の家、夜の家』(1998)【Amazon
ナチスの収容所で人体実験された双子姉妹。体にはいくつも傷痕が残っている。「わたしたち、心もまったくおなじだろうって思われたのよ」(p.323) (鮮烈度 ★★★)
飛浩隆「デュオ」(1992)【Amazon
シャム双生児の天才ピアニスト(デネス&クラウス)。19歳の彼らは頭と肩まで2人に分かれていて、胸から腰にかけてだんだんボリュームが絞られて1人分になっている。彼らは耳も聞こえず口もきけなかった。その代わり、2人はテレパシーで意思の疎通をしている。「二人は別な表情でいるほうが多いのだが、それなのに二人は同じ精神状態にあるのだなとわかる。一つの感情を、二つの表情であらわす。それがふたごに、言葉のハンディを埋め合わせるほどの表現力を保証していた。」(p.38) そして、彼らには重大な秘密があった。(鮮烈度 ★★★)
トマス・トライオン『悪を呼ぶ少年』(1971)【Amazon
双子の少年ナイルズ&ホランド。兄のホランドは邪悪な性格をしており、度の過ぎた奇行で周囲を困惑させている。一方、弟のナイルズは心がやさしく、兄に支配されながらも彼の行為に疑問を抱いていた。双子が住むリンゴ園では、父親の事故死を皮切りに奇妙な事件が続いている。ナイルズはホランドの仕業だと睨むが……。(鮮烈度 ★★★)[主役]
トレヴェニアン『バスク、真夏の死』(1983)【Amazon
※ネタバレ注意! 温泉町で隠遁生活を送る26歳の双子の姉弟(カーチャ&ポール)。「彼らは双子だった。大きな口、秀でた額、高いほお骨、ひきしまったあご、栗色の豊かな髪、顔だちのあらゆるところがそっくりだった。にもかかわらず、あたかも同じ要素が男と女という別々の性を形づくるように構成されたように、二人の印象は驚くほど異なっていた。」(p.30) 弟のポールはキックボクシングの達人にして射撃も名人級。一方、姉のカーチャは過去の悲劇が原因で精神に異常をきたしていた。(鮮烈度 ★★★)
中里友香『黒十字サナトリウム』(2008)【Amazon
17歳の双子の兄妹(ミシィカ&レイナ)。2人は母親から易出血症の遺伝子を受け継いでいた。病床に伏せるレイナは母から毒を盛られており、それを知ったミシィカが母と主治医を殺害する。その後、兄妹は吸血鬼になるのだった。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ウラジミール・ナボコフ「怪物双生児の生涯の数場面」(1950)【Amazon
強姦によって生まれたシャム双子の兄弟(ロイド&フロイド)。2人は子供時代から欲深い祖父によって金をとるための見世物にされていた。胸骨から胸骨へボールの投げ合いをさせられたり、1本の棒を取りっこする真似をやらされたり、トルコ語と英語を教わって実演させられたりしている。兄弟は簡単な気持ちのやりとりなら言葉なしで済ませることができた。ちょっとした意志もするりと通じ合うし、言葉を出して話し合うこともない。たまに短い文句のやりとりだけしている。(鮮烈度 ★★★)[主役]
西村京太郎『殺しの双曲線』(1979)【Amazon
20代の一卵性双生児の兄弟(勝男&利男)。2人のうち1人が顔も隠さず堂々と武装強盗を繰り返す。やがて警察に目をつけられるも、兄弟のどちらが犯人か見分けがつかないことを利用して罪を免れようとする。勝男が犯人か? それとも利男が犯人か? あるいは両者が交互に犯行に及んだのか? さらに、作中にはもう1組双子が……。なお、本作は冒頭で双子を利用したトリックが使われていることを明示している。(鮮烈度 ★★★)[ミステリ]
野中柊『小春日和』(2001)【Amazon
小学校低学年の双子姉妹(小春&日和)。2人は鏡像双生児で、つむじの向きや耳たぶの大きさ、利き腕のあり方など、身体的特徴が左右逆になっている。外見は瓜二つのうえ、頭のてっぺんから爪先までまったく同じものを身に着けていた。母親曰く、「あんたたち、大きくなればなるほど似てくるわねえ。何だか、こわいくらいだわ」(p.17) 姉妹はタップダンスを習い、ケチャップのCMに出て一躍有名になる。ケチャケチャ。トマトマ。タップタップ。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ジョン・バース「陳情書」(1966)【Amazon
背中とお腹で接合しているシャム双子の兄弟。肥満体の兄が前で、痩せぎすの弟が後ろにくっついている。2人は子供の頃から見世物興行に駆り出されていた。兄は無学で社交的、弟は学究肌で孤独癖がある。兄が娼婦の上に乗るときには、弟も兄の背中に乗らなければならなかった。弟は伝説的なシャム双子の兄弟(チャン&エン)に憧れながら、野蛮で好色な兄と離れたがっている。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ジョン・バンヴィル『バーチウッド』(1973)【Amazon
蒼白な双子の姉妹(エイダ&アイダ)が移動式のサーカスで働いている。メロディに乗って荘重な孔雀の舞を披露。ほか、この小説には双子がもう1組出てくる。詳述は避けるが、そちらのほうが遙かに不気味。(鮮烈度 ★★★)
ジョン・バンヴィル『海に帰る日』(2005)【Amazon
11歳の双子の姉弟(クロエ&マイルス)。クロエ曰く、2人は「二個の磁石みたいなもの」。しかし、「逆向きになっていて、引き合ったり反発したりする」。クロエは感情を表に出さないタイプ。マイルスは口がきけない。2人は家庭教師をからかったり、通りがかりの少年に因縁をつけたりする。(鮮烈度 ★★★)
東野圭吾『宿命』(1990)【Amazon
※ネタバレ注意! 殺人事件の被疑者とそれを捜査する刑事。小学校から高校まで同じ学校だった2人は、実は双子の兄弟だった。兄の勇作は警察官の子供として育てられ、弟の晃彦は企業家の子供として育てられている。学生時代、勇作はクラスの人気者で成績が良かったが、勉強も運動も晃彦にだけは敵わなかった。勇作は晃彦をライバル視しながら高校時代まで過ごすも、大学受験を機に進路が分かれる。勇作は警察官になり、晃彦は医者になるのだった。2人は二卵性双生児であるため、ふつうの双子のように瓜二つではない。彼らは大人になってから事実を知ることになる。(鮮烈度 ★★★)[主役] [ミステリ]
ジャック・ヒギンズ『双生の荒鷲』(1998)【Amazon
双子の戦闘機パイロット(マックス&ハリー)。ボストンの名家に生まれた2人だったが、12歳で父を亡くしたときに離ればなれに。兄のマックスは母に連れられドイツへ、弟のハリーはアメリカの祖父の元に残る。長じてからは2人とも戦闘機のパイロットになり、マックスはドイツ空軍、ハリーはイギリス空軍でそれぞれ活躍する。第二次世界大戦で敵対関係になった2人は、ナチスのアイゼンハワー暗殺計画に巻き込まれるのだった。(鮮烈度 ★★★)[主役]
姫野カオルコ『変奏曲』(1992)【Amazon
全4章。章によって2人の生きる時代・関係性などが異なる。以下、第2章である「ライラックの章」より。子爵家の19歳の双子の姉弟(洋子&高志)。2人は家に伝わる古い言い伝えにより、10歳から19歳まで別々の家で生活していた。『当家は過去よりときに双子が生まれる家系である。同性の双子の場合問題はないが、男女の双子の場合は必ず災いがもたらされる』 2人は避暑地で友人たちと健全な男女交際をした後、近親相姦に及ぶことになる。(鮮烈度 ★★★)[主役]
アダム・ファウアー『数学的にありえない』(2005)【Amazon
30歳の双子の兄弟(ジャスパー&デイヴィッド)。兄のジャスパーは統合失調症で、病気の症状のため話すときに韻を踏む癖がある。一方、弟のデイヴィッドは統計学の大学院生で、1年半前から癲癇を患っていた。ギャンブル依存症のデイヴィッドはカードゲームで莫大な借金を負ったあと、癲癇を治療すべく怪しげな試験薬を飲むことになる。そのせいで彼は特殊な能力を持つようになり、政府の秘密機関の陰謀に巻き込まれるのだった。(鮮烈度 ★★★)[主役]
イアン・マキューアン『未成年』(2014)【Amazon
シャム双生児の赤ん坊(マシュー&マーク)。「ふたりは骨盤で結合しており、胴体はひとつで、背骨に対して直角方向に脚をひろげていたので、何本も腕のあるヒトデに似ていた。」(p.30) このままでは2人とも死んでしまうため、分離手術をしてマークだけ救うことになる。さらに、本作には8歳の一卵性双生児の姉妹が登場する。(鮮烈度 ★★★)
パトリック・マグラア「串の一突き」【Amazon
※ネタバレ注意! アフリカ出身の双子の兄妹(ネヴィル&イヴリン)。妹は若い頃に飛行機事故で死んだとされていたが、実は死んだのは兄であり、妹は兄のふりをして老年まで生きてきた。兄の人格を受け継ぎ、幻覚に悩まされたイヴリンは、最後にはネヴィルとして自殺する。(鮮烈度 ★★★)[ホラー]
松村栄子『生誕』(1999)【Amazon
胎児の頃の記憶を持つ20歳の青年・丞(すすむ)。彼には赤ん坊のときに生き別れた双子の片割れ・穂(みのる)がいた。2人は本来一卵性双生児でどちらも男だったが、遺伝子的事故があって穂だけ女になって生まれたという。丞は穂に会いに秋田へ向かう。(鮮烈度 ★★★)[主役]
三浦しをん『風が強く吹いている』(2006)【Amazon
ひょんなことから箱根駅伝を目指すことになった双子の男子大学生(ジョータ&ジョージ)。本名は城太郎と城次郎。外見のそっくりな双子で、子供の頃は入れ替わって周囲を弄んでいた。「ジョータにとって、双子の弟ジョージは、まさに魂の片割れだった」。ジョータは褒められるとやる気を出す。ジョージは放っておいても練習する。両者とも苦労を苦労と感じない明るい性格。(鮮烈度 ★★★)
宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』(1993)【Amazon
気のふれたお神酒どっくり」のような、双子の男子中学生(哲&直)が登場。「ぼくたちは」「双子なんです」といった具合に、一つの文章を分割し、2人で交替しながら話をする。(鮮烈度 ★★★)[主役]
皆川博子『死の泉』(1997)【Amazon
第二次大戦下のドイツ。双子の姉妹がナチスによって人体実験の材料にされる。人為的に成長を早められたり、生命を維持するために「接合」されたり……。(鮮烈度 ★★★)
村上春樹『羊男のクリスマス』(1985)【Amazon
双子の女の子が登場。片方は<208>という番号のついたシャツを着て、もう片方は<209>という番号のついたシャツを着ている。2人は羊男と森のなかを連れ立って唄を唄うのだった。もし風が双子であったなら、/東と西に吹けるのに。/もし風が双子であったなら、/右と左に吹けるのに。なお、本作における双子のインパクトは佐々木マキのイラストに負うところが大きい。(鮮烈度 ★★★)[児童文学]
森福都『双子幻綺行』(2001)【Amazon
則天武后に仕える15歳の宦官と女官(馮九郎&馮香蓮)。嶺南を拠点にする蛮族の2人は、洛州長史・李千里の庇護のもと、洛陽で起きる様々な事件を解決していく。兄は怜悧にして狷介、妹は活発で能弁で好奇心旺盛。2人は青史に残る意外な人物だった。(鮮烈度 ★★★)[主役] [ミステリ]
山田詠美「黒子の刻印」(1991)【Amazon
顔のつくりは同じだが、備わるべき美しさはまるで違う双子の姉妹(梨花&美花)。妹の美花は目鼻にバランスが与えられていて美しかった。それに対し、姉の梨花は目鼻のバランスが狂っていて美しくなかった。くわえて、梨花の左頬には直径2センチほどもある大きな黒子がついていた。梨花はその黒子のせいで日陰者の人生を歩むことになる。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ハンス・ヘニー・ヤーン「ふたご物語」【Amazon
同じ型の二つの物体よりもよく似ている双子の兄弟。彼らは片方が怪我をするともう片方も同じ怪我をする。離ればなれになろうとしても出先で再会してしまう。そして、恋愛のときも2人で同じ娘に恋をする。やがて妻帯した2人は、それぞれ相手の妻と寝て子供をもうけるのだった。(鮮烈度 ★★★)[主役]
横溝正史「双生児は踊る」(1947)【Amazon
双子のタップダンサー夏彦&冬彦が、ひょんなことから銀行強盗をめぐる連続殺人事件に関わる。2人は24~5歳。夏彦は色が白くて、冬彦は色が黒い。「なるほど、白と黒とちがっているが、二人並んだところなど、やっぱりよく似たものである。栗毛色の髪の毛を、ふさふさ額にたらしたところ、笑うとえくぼのかわいいところ、きらりと光る八重歯の愛嬌にいたるまで、やっぱり争えぬ双生児である。」(p.116)(鮮烈度 ★★★)[主役] [ミステリ]
横溝正史「双生児は囁く」(1948)【Amazon
「双生児は踊る」の続編。双子のタップダンサー夏彦&冬彦が、ひょんなことから首飾りをめぐる連続殺人事件に関わる。「夏ちゃん、人殺しだ」/「うん、冬ちゃん、人殺しだ」/「たいへんだねえ」/「うん、たいへんだ」/たいへんだ、たいへんだといいながら、双生児はいかにも楽しそうである。まるで甘美なものでも味わうような口ぶりでしきりにさっきから、人殺しだと繰返している。(鮮烈度 ★★★)[主役] [ミステリ]
横溝正史「蟹」(1949)【Amazon
ネタバレ注意! 元シャム双生児の姉妹(秋子&春子)。腰のところでくっついている双生児蟹娘として苦汁を舐めてきた。日本を脱出し、中国で見世物になった彼女たちは、男に弱みを握られ無体な目に遭う。その後、手術で体を分離してもらうも、今度はその恩を着せられ酷い目に遭うのだった。「わたしたちのこれからが、どういうことになるか存じません。しかし、双生児、それも体がくっついた双生児として生れた二人のうち、一人が死んでしまったからは、わたしの生命ももう長いことではないのでしょう。」(鮮烈度 ★★★) [ミステリ]
横溝正史『八つ墓村』(1951)【Amazon
田治見家を取り仕切る双子の老婆(小梅&小竹)。2人を前にした語り手が、次のように述懐する。「しかし八十を越えて、しかもこんなによく似た双生児というものは珍しいとか異様とかいうよりも、むしろなんだか薄気味悪いのである。先天的な相似はともかく、後天的にできたはずのしわの一筋から、皮膚のシミにいたるまで、そっくり同じで、一方が笑えばもう一方の顔の筋肉も、同じようにほころびるのではないかと思われるほどだった。」(鮮烈度 ★★★) [ミステリ]
横山秀夫『影踏み』(2003)【Amazon
真壁修一はプロのノビ師(寝静まった民家に侵入する泥棒)。彼の中耳には、10代の頃に死んだ双子の弟・啓二が住みついている。啓二は実の母親に自宅を放火されて焼死したのだった。修一と啓二は1人の女を取り合ったことがあり、そのことが現在まで尾をひいている。「双子というのものは、互いの影を踏み合うようにして生きているところがある。(……)胸の中は黒々としていた。顔形はおろか、自分と心の有り様まで似通った複製のごとき人間が、この世に存在することを呪った。」(p.148-9) また、作中にはもう1組双子(新一郎&二朗)が出てくる。(鮮烈度 ★★★)[主役]
ピーター・ラヴゼイ「ミス・オイスター・ブラウンの犯罪」(1991)【Amazon
50歳のオールドミス、オイスター・ブラウンは、同じく独身の双子の姉パールと同居していた。2人は「牡蠣」と「真珠」という名前のために幼少期から密かに笑われている。姉妹は瓜二つではなく、2人を見間違える者はいない。オイスターのほうが2センチ半背が高いうえ、喋り方や身体つき、着るものも異なっていた。一方がもう一方を牛耳るということもなく、家事は2人で分担している。今回、妹のオイスターが軽い犯罪に手を染めるのだった……。(鮮烈度 ★★★)[主役] [ミステリ]
マーガレット・ワイス、トレイシー・ヒックマン『ドラゴンランス1 廃都の黒竜』(1984)【Amazon
冒険者の一行に双子の兄弟(キャラモン&レイストリン)。兄のキャラモンは大柄な戦士。大食いで陽気な性格をしている。一方、弟のレイストリンは虚弱体質な魔術師。肉体を犠牲にして強力な魔力を得た。「光と影のように違ってはいても、双子は一体となってよく闘った。戦闘中にはほとんど言葉を交わさない――言葉にするよりも速く、意思が交流しあうのである。」 一行は魔法の杖を巡るトラブルに巻き込まれて旅をすることになる。(鮮烈度 ★★★)[ファンタジー]

★★★★★~★★★ / ★★(二つ星) / ★(一つ星)